二代尾上忠義伝 二段目 梅沢村出茶屋の場

 

読んだ本 http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10301710

 

 

f:id:tiiibikuro:20170615214928j:plain

二段目 梅沢村
    出茶屋の場

「前のつゞき」あのかう/\なこゝろ
まんじむすめのやうに思ふて
どうぞよいほうかうにん
にしてあげたいなんと

 

 

f:id:tiiibikuro:20170615214950j:plain

わしが
むすめの
尾上に
おあづけ
なさらぬか
とあつきこと
ばに十内
おや子は
ふしおがみ
おはつも
ともに
とくしん
なし
「ごおん
かさなる
だんな様
ごおん
ほじの
ごほうこう
ねがふても
ない
尾上
さまの

 

f:id:tiiibikuro:20170615215032j:plain

おめし
つかひ
命を
かけても
お礼
の寸志と
思ひこん
だる初一念
尾上があたを
むくひしも
ふしぎの
きえんと
のちにしる
日がらを
やくして
わかれけり

 

f:id:tiiibikuro:20170615215046j:plain

○源蔵はうぶすな
まうでして
かへる所
かねてぬひの
介とふかく
いひかはせし
手越の里のけいせい
道芝といふもの此所へたづね
来りしいはれをたづぬるに「次へ」

 

f:id:tiiibikuro:20170615215101j:plain

「前の続き」「あの孝行な心に免じ、娘のように思うて、どうぞ良い奉公人にしてあげたいなんと、わしが娘の尾上にお預けなさらぬか」と熱き言葉に十内親子は伏し拝み、お初も共に得心為し、「御恩重なる旦那様、御恩奉じの御奉公、願うてもない尾上様のお召使、命をかけてもお礼の寸志」と思い込んだる初一念、尾上が仇を報いしも、不思議の奇縁と後に知る。日柄を約して別れけり。
源蔵は産土詣でして帰る所へ、予て縫之助と深く言い交せし手越の里の傾城道芝という者、この所へ訪ね来たりし謂れを訊ぬるに、「次へ」