嬢景清八嶋日記

嬢景清八嶋日記 追善記念谺

読んだ本 https://archive.waseda.jp/archive/index.html イ14-00002-781 94(左頁) 追善記念谺(ついぜんかたみのこたま)然るに二十五有(う)の内 何れか生者必滅の理にもれん 俤も難波(なには)の花や冬籠り 匂ひは四方にしられたる 豊竹越前少掾藤原…

嬢景清八嶋日記 第四

読んだ本 https://archive.waseda.jp/archive/index.html イ14-00002-781 72(左頁) 第四瀬尾兄弟目に角立て ヤア待て/\何やつなれば頬(つら)を隠し踊りの邪魔する曲者め 引ずり退けんと瀬尾次郎 取付く腕首しつかと捕へ アリヤサコリヤサヤツトセイ ヨ…

嬢景清八嶋日記 道行船路友千鳥

読んだ本 https://archive.waseda.jp/archive/index.html イ14-00002-781 56(左頁) 道行船路友千鳥世の中よ 身を捨る やぶも有けり小笹原 其竹の子の親まさり杖にも きりつ一ふしは ねじめかなしや糸瀧が親ゆへしづむかはたけを 身のいたづらと 世の口のさ…

嬢景清八嶋日記 第三

読んだ本 https://archive.waseda.jp/archive/index.html イ14-00002-781 幷 https://kotenseki.nijl.ac.jp/ 100048898 45 第三楊竹亭が読みし妓女の旁 人の城を傾くるといへ共 人の気につれ日の本の契情と書き改め 契情(けいせい)と読む大ぬさや 大礒小礒…

嬢景清八嶋日記 第貮

読んだ本 https://archive.waseda.jp/archive/index.html イ14-00002-781 幷 イ14-00002-782 25(右頁三行目) 第貮はるけきそらや 野も山も 草もあを/\こまがへり下嵯峨の里はづれ 鎌倉より御上使のけふお下向と庄屋年寄 未明よりお迎ひに出て松かげのは…

嬢景清八嶋日記 第一

読んだ本 https://archive.waseda.jp/archive/index.html イ14-00002-781 幷 イ14-00002-782 2(左頁) 嬢景清八嶋日記 座本豊竹越前少掾 (第一)峯続く 須磨の山風吹落て 源平互に矢先を揃へ舩を浮かへ駒をならべて打入れ/\足なみに くつばみをひたしせ…

嬢景清八嶋日記 日向島の段

読んだ本 http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/856524 参考にした本 http://image.oml.city.osaka.lg.jp/archive/ (管理番号 b0123001) 308日向島の段再板 娘景清 三之詰 309 嬢景清八嶋日記 三の切いちご持まいみめのよい娘 うらの畠が道になるしやうがへ …