仮想空間

趣味の変体仮名

床本

浪花文章夕霧塚 第五冊目

読んだ本 https://archive.waseda.jp/archive/index.html 浄瑠璃本データベース イ14-00002-603 30(左頁3行目) 第五冊目 親の科身にもかゝりて浪人し 谷町筋の藤の棚おはをからせし平岡左近 父左太夫が衒られし 色紙の科でつゞれ着て妻や娘の手爲業(しご…

浪花文章夕霧塚 第三冊目

読んだ本 https://archive.waseda.jp/archive/index.html 浄瑠璃本データベース イ14-00002-603 18(6行目) 第三冊目 鳩の峯松に巣をくむ雄(おとこ)山 東谷の賑はしさ社務神主も集りて 勅使のお入と不 浄をはらひ褥を設相待ば 早御出と下(しも)男箒片手…

浪花文章夕霧塚 第四冊目 

読んだ本 https://archive.waseda.jp/archive/index.html 浄瑠璃本データベース イ14-00002-603 23(3行目) 第四冊目 浪速の京の中船場 よき絹着たる商人(あきんど)の軒をならべし道修町 藤屋伊左衛門と書しるす薬 種袋に名を譲り 了哲といふ閑隠居 六十…

浪花文章夕霧塚 第二冊目

読んだ本 https://archive.waseda.jp/archive/index.html 浄瑠璃本データベース イ14-00002-603 13(2行目) 第弐冊目 人々は礼儀を のべて「出て行 世の中は憂き事しげき 呉竹の 伏見の賑ひ 稲荷海道東路の道の衢(ちまた)に枝茂る 藤の森迚名も高く茶店の…

浪花文章夕霧塚 第一冊目

読んだ本 https://archive.waseda.jp/archive/index.html 浄瑠璃本データベース イ14-00002-603 2 浪花文章夕霧塚 座本・豊竹越前少掾 第壱冊目 太刀は鞘弓は袋と納りて 鳴渡の沖に立浪の 千代にかたまる阿波の国 児嶋殿と聞へしは 先祖の武功 名も高く 行儀…

夕霧阿波鳴渡 下之巻 相の山

読んだ本 https://archive.waseda.jp/archive/index.html 浄瑠璃本データベース イ14-00002-816 31(左頁) 下之巻 〽夕べあしたの かねのこえしじやくめつ いらくとひゞけども聞てナ おどろく人もなく のべより あなたの 友とてはけちみやく ひとつにじゆず…

夕霧阿波鳴門 中之巻

読んだ本 https://archive.waseda.jp/archive/index.html 浄瑠璃本データベース イ14-00002-816 17 中之巻 春や延宝六年と明わたる世もむかしの京 難波の けさはめづらしき妻子引ぐし旧冬(きうたう)より 上本町の道場の 玄関がまへかりざしき お国の御用あ…

夕霧阿波鳴渡 上之巻

読んだ本 https://archive.waseda.jp/archive/index.html 浄瑠璃本データベース イ14-00002-816 2(左頁) 夕霧阿波鳴渡 近松門左衛門作 年の内に春は来にけり一うすに 餅花 ひらく餅つきのにぎ/\はしや九軒 町 嘉例の日取吉田屋の庭の竃は 難波津の 歌の心…

妹背山婦女庭訓 四の切

読んだ本 https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/856493 213 妹背山婦女庭訓 四段目の切 竹于雀(たけにすゞめ) 214(左頁) 妹背山婦女庭訓 四の切 されば恋する身ぞつらや 出るも入も 忍ぶ草 露踏 分て橘姫 すご/\帰る対の 屋の 障子にばらり打礫 215 …

妹背山婦女庭訓 四の中

読んだ本 https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/856493 157 鱶七使者の段 妹背山 四の中 158(左頁) 妹背山婦女庭訓 四段目の中 栄ふるに花も時し有ばすがり嵐 の有ぞとは いさ白雲の御座(たかみくら) 新たに造る玉殿は 彼唐国の 阿房殿 爰に写して三笠山…

妹背山婦女庭訓 四の口

読んだ本 https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/856493 111 杉酒屋の段 妹背山 四の口 112(左頁) 妹背山婦女庭訓 四の口 日と供にいとなむさまも 入相の 四方のいちぐら戸 ざし時 子太郎跡を打 見やり 灯を上げ表の戸 113 夜の構へのそこ爰と こなた の道…

妹背山婦女庭訓 三の切 

読んだ本 https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/856493 1(左頁) 大阪舩町 加嶋屋清助板 妹背山掛合 再板 婦女庭訓 三段目 2(左頁) 妹背山婦女庭訓 三の切 古への神代の昔山跡の国は 都の始にて妹背の始山々 の中を流るゝ吉野川 塵も 芥も花の山 実世に遊…

いろは歌義臣鍪 九冊目道行旅緒環・十冊目・十一冊目

いろは歌義臣鍪 読んだ本 https://archive.waseda.jp/archive/index.html 浄瑠璃本データベース ニ10-01547 92(左頁) 九冊目 道行旅緒環(みちゆきたびのをたまき) 常陸帯 縁を結し其国の 小栗の家も今は早 雪の花かやちり/\゛に鳴子にさはぐむら 雀 お…

いろは歌義臣鍪 七冊目

読んだ本 https://archive.waseda.jp/archive/index.html 浄瑠璃本データベース ニ10-01547 62 七冊目 三味はちり/\日もちり/\ 砧の拍子土俵入くゝり枕の丸裸 ちり/\縮緬切立を 襦袢と湯 具に染分て 赤と素人でいかぬ事どつと 笑ひを花相撲 牽頭の伊吉が…

いろは歌義臣鍪 六冊目

いろは歌義臣鍪 読んだ本 https://archive.waseda.jp/archive/index.html 浄瑠璃本データベース ニ10-01547 47(左頁) 六冊目 ゆるぐ共 よもやぬけじの要石 其大石の底深き 常陸の国に年ふりし 小栗殿の本城には家 老大岸由良之助 御舎弟の一学殿御眼病の慰…

いろは歌義臣鍪 五冊目

読んだ本 https://archive.waseda.jp/archive/index.html 浄瑠璃本データベース ニ10-01547 45 五冊目 足元早野 勘平が 妻の歌木は引別れ 夫を跡に追手の多勢切立/\桐が谷(やつ) 裏門通りの切通し 板額巴が勇(いさみ)をなし 追くる敵を切ちらし暫く息を…

いろは歌義臣鍪 四冊目

いろは歌義臣鍪 読んだ本 https://archive.waseda.jp/archive/index.html 浄瑠璃本データベース ニ10-01547 36 四冊目 横山郡司信久は桐が谷(やつ)の下屋敷に 老を養ふ身の用心 其身は僅の疵保養(やうやう)詰り /\は寝ずの番 奥女中に酌をとらせ昼夜を…

いろは歌義臣鍪 三冊目

読んだ本 https://archive.waseda.jp/archive/index.html 浄瑠璃本データベース ニ10-01547 26 三冊目 淀川の大川筋を 前に受け北は名にあふ蜆川 河と川との堂嶋や 気も永来(えら)町の家続き野間 やの借屋仮住居(すまい) 鍛冶商売の平右衛門昔の劔薙刀の…

いろは歌義臣鍪 二冊目

いろは歌義臣鍪 読んだ本 https://archive.waseda.jp/archive/index.html 浄瑠璃本データベース ニ10-01547 9(左頁四行目) 二冊目 三千歳(みちとせ)と寿(ことぶく)桃の弥生月 茲(こゝ)に足利左金吾源政知朝臣と申は 室町殿の 御舎弟にて 在鎌倉の管…

いろは歌義臣鍪 一冊目

読んだ本 https://archive.waseda.jp/archive/index.html 浄瑠璃本データベース ニ10-01547 2 いろは歌義臣鍪(いろはうたぎしんかぶと) 座中豊竹越前少掾 梓弓伊豆の高根の牧狩に貝鉦太鼓乱調し 列卒(せこ) を揃へてかり立る相模国の住人横山郡司信久 管…

信州川中島合戦 第四 第五

読んだ本 https://archive.waseda.jp/archive/index.html 浄瑠璃本データベース ニ10-02296 65(左頁) 第四秋の山 もみぢの床に おしかの寝たよ しほらしや 立ぬきに露霜おりし にしきは山の もみち葉 もみち葉のながるゝ川を渡らば にしき中たへんエイソリ…

信州川中島合戦 第三

読んだ本 https://archive.waseda.jp/archive/index.html 浄瑠璃本データベース ニ10-02296 40(左頁) 第三葉(しやう)公龍を好で畫(えかき)刻め共 真の天龍を見て魂を失ふ是龍をこのむにあらず 龍に似て龍にあらざる物をこのむといはん 将の賢士をこの…

信州川中島合戦 第二

読んだ本 https://archive.waseda.jp/archive/index.html 浄瑠璃本データベース ニ10-02296 24(左頁) 第二頻繁として三たびかへり見るは天下の謀とかや 武田信玄大僧正かち馬廻りを麓にとゞめ 原五郎昌俊一人御供にて 又ふみわくる木曽山陰(かげ) ふりつ…

信州川中島合戦 第一

「本朝二十四孝」の元となる作だそうです。近松節炸裂してます。 読んだ本 https://archive.waseda.jp/archive/index.html 浄瑠璃本データベース ニ10-02296 2 信州川中嶋合戦 作者近松門左衛門森々(しん/\)たる人品(じんぴん)千丈の松のことし。磥々(…

難波丸金鶏 第四・第五

読んだ本 https://archive.waseda.jp/archive/index.html 浄瑠璃データベース イ14-00002-604 79(左頁) 第四 伏見京橋の段伏見より都に通ふ京橋や 髪結床も西東立別れたる暖簾(のふれん)に ひいき/\゛の紋所 豊といふ字を染込し座の主(あるじ)は三右…

難波丸金鶏 第三 

読んだ本 https://archive.waseda.jp/archive/index.html 浄瑠璃データベース イ14-00002-604 55(左頁三行目) 第三 木津川堤(きづがはつゝみ)の段 「急ぎ行きり/\゛す鳴くや 霜夜と詠みたりし 歌にも似たる身の上や 嵐はげしき木津川の 堤にならぶ辻君…

難波丸金鶏 第二 

読んだ本 https://archive.waseda.jp/archive/index.html 浄瑠璃データベース イ14-00002-604 30(三行目) 第二 天満老松町の段 おさらば/\と別れ行常磐なる 老松町に侘て住む 淀屋の手代新七が妻のおつるは賃綿の手馴ぬ業も初世帯 そよ吹く風に表口 明け…

難波丸金鶏 第一

読んだ本 https://archive.waseda.jp/archive/index.html 浄瑠璃データベース イ14-00002-604 2(左頁) 難波丸金鶏 座本豊竹越前少掾 鎌倉泉岳寺の段功成て自ら功とせず 力を尽し心を忍び以て仇を復すとかや 小栗判官の廟所鎌倉泉岳寺の庿(びやう)前にお…

暦 第五

読んだ本 https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1188675 36(左頁) 第五せいけんのよのためしやまとのくにつぼさかに おんせん一夜にわき出れば にはかにゆがたのかずをしつらひせやくいんをたてさせ給ふ 則てんやくのかみにはようじゆいんの法印玄昌 しよ…

暦 第四 あさがほ姫道行

読んだ本 https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1188675 28(左頁) 第四いたはしや兼政はつみもなみぢのものおもひあかまつのいろはぶね四十八番ならべたる 中にもおめし大船とてたかもがりあみをかけ あるひははものをあらためらるるにんの身こそかなしけ…