曲亭馬琴

曲亭馬琴

思ふのみにて 曲亭馬琴はい坊主あかりに出よとたれも見よしやうしにつける あらんと云ひしを思ひ出てさそ/\てものかれかたきは心のいゝとのかれぬとしかし世をのかれ人のいふは首を刺れは世を何やら有と聞しに又かたへの仏あれは衆生有衆生あれは 左から読…