読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東都八景 佃嶋帰帆

東都八景 佃嶋帰帆 真帆 引てかへる 佃に夕月の御舟も おなしむやひ するらし 重堂 真帆引いて 帰る佃に夕月の御舟も同じ 舫いするらし 「裳」は「も」では、と閃くのに数日かかった。「むやひ」は「もやい・舫い」だと思う。 【みんなの知識 ちょっと便利帳…

東都八景 浅草夕照扇形

東都八景浅草夕照 梅樹園 花芳 仏ます山の 紅葉のあかさ堂うつる 夕日の光り たふ とし 広重画 仏在す(ます・座す) 山の紅葉の藜(あかざ)堂映る夕陽の光尊し 「あかさ堂」を「あかざ堂」と読むのではないだろうか、と閃くのに一週間程かかった。折につけ…

百人一首の内 大納言経信

百人一首之内 大納言経信 夕されば門田のいなばおとづれてあしのまろやに秋風ぞふく 金葉集秋の部に入る この詞書は師賢朝臣の梅津の山里に人々まかりて田家の秋風といふことをよめるにとあり 夕さればは夕暮のさまなり芦のまるやとは芦にて造れる家にてその…

甲越勇将伝 武田家廿四将 三討死之内 諸角豊後守昌清

甲越勇将伝 武田家廿四将 三討死之内 諸角豊後守昌清 甲陽廿四隊大将の中智勇は他人の右に出戦場数か度の強者なり川中島の軍味方大に敗れ大将既に危しと見えけれは此所に命を擲て主君を救ひ奉らんと手勢勝て一千余人真丸に備を立渦巻立たる敵中に会釈もなく…

江戸名所発句合之内 愛宕山

江戸名所発句合之内愛宕山二代目豊国,国貞改二代豊国,国貞改二代目豊国 凩(こがらし)やくびのみうごく鳩のこゑ 「小児(こども)しゆ兎角両親ハ大事になさいましョ唐(から)の書物にも鳩に反哺(はんぽ)の孝あり鴉に三枝(さんし)の礼ありと出てゐるさ…

江戸名所発句合之内 上野

江戸名所発句合之内 上野国貞改二代豊国 如何にしてこれをば「酒」と読めるのか未だ謎にして不明。 「さゝ」か? 井戸端のさくらあぶなし?の酔(ゑひ) 秋色(しうじき)の句も井戸ならバ入口に清水があり谷中の出口がしミづ門下が大きなしのばずの池こんな…

江戸名所発句合之内 吾妻橋

江戸名所発句合之内 吾妻橋 峯つくる雲のはじめや筑波山 「この橋から川上にミゆるつくばハ男体女体とミねも二つにわかつて居るが西の方にひとつある富士ハ男か女かさつはりわからない 「ハテしれた事女もをんな志かも三國一のお山タ 柳下亭種員郎奥(?) …

北斎仮宅之図

北斎仮宅之図 露木 為一(つゆき いいつ)画 江戸後期 wikipedia 一か月余り頑張ったが解読できなかった。中途半端だけど降参。 飯島虚心著「葛飾北斎伝」が随分と参考になった。 卍常ニ人ニ語ること我は枇杷葉湯に反し九月下旬より四月上旬迄巨燵を放るゝ事…

百人一首之内 崇徳院

歌川国芳画 百人一首之内 崇徳院 瀬をはやミ岩にせかるるたき川のわれてもすえに あはんとそおもふ 詞花集恋の部に入る こゝろハ瀬のはやき川の水の岩にせゝかれて左右へわかれても 末にハまたあふものなれどつらき人にわかれてハ後にあひがたき習ひなるをわ…

体内十界之圖

体内十界之圖 昇旭斎國輝画(三代 歌川国輝) 夫れ人の子たる物ハよく親にしたかひて善なる道を習ふ可し抑此胎の図ハ善悪二ツの道にしてよき事を為者は上図の如シ又悪事をなす者ハ遂にハ下の図にをちゆる故假令ひ如何なる虫にても無益にこれを痛るハ宜しから…

国芳自画像

御そんじの画工いちみゃうかいほどよし しつれいながら是より口上を申上ます毎々御ひいきなし下されありがたふぞんじます 扨此本の義なを又後編つゞいて売出しますればおかはらず御ひやうばんをおねがひ申ますごぞんじの莖十郎が女色の武者修行をいたしてあ…

お六櫛

BSプレミアム 浮世絵ツアー「中山道」より 浮世絵ツアー - NHK 木曽街道 荒井宿 名産店の図 「名物 お六櫛」 木曽の名産お六櫛といふはミねばりといふ木にて挽あかのとれる事ミやうなる櫛なり竹のとうぐしとちがひはさきやハらかく髪すぢのきるゝといふこと…