近頃河原の達引

近頃河原達引 下之巻  道行涙のあみ笠 せうご院の段

読んだ本 https://www.waseda.jp/enpaku/db/ 50(右頁5行目) 下の巻 道行涙のあみ笠なま中にそめて真紅のもつれいと むすぼれしよりしら糸のむかしをしのぶ世のうさや 今はうき名もたちばなの 花のすが たもいつしかに しほれがちなる目にもろき つゆのいと…

近頃河原達引 中之巻  河原の段 堀川の段

読んだ本 https://www.waseda.jp/enpaku/db/ イ14-00002-527 28(右頁5行目) 中之巻 河原の段 「出て行名に高き 四条河原も ふゆぎれて 川かぜさむくふきすさび ゆきゝも浪の石ばしる 水おとまでもよるはなを いとしん/\と物ずごく くもるそら より我むね…

近頃河原達引 上之巻  祇園の段 揚屋の段

読んだ本 https://www.waseda.jp/enpaku/db/ イ14-00002-527 2おしゆん 伝兵衛 近頃河原達引 上之巻 祇園の段七重八重けふ九重に 匂ひぬる花の都の川東 祇園の社年ふりて和光のかけもいちじるく 参り下向の人くんしゆ咄し万歳居合ぬき えいとう/\諸見物 げ…

近頃河原の達引 堀川の段

読んだ本 http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/856590 参考にした本 http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/856443 おしゅん伝兵衛 堀川の段 おなし都も世に連れて田舎が増の薄煙 堀川辺に住居して後家の操も立月日 琴三味線の 3指南屋も 合の手もつれ気もつれ…