読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

戦闘日記

読んでみた

 

今から何十年も開かずの間だった蔵を探索する2

 http://nanjcollection.blog.jp/archives/12685570.html

 

というスレッドの初めの方に日記が出てきて、「訳して欲しい」という。

ぴゃ~おもしろそう!

早速読み始め、読み終わってから既に解読済みであったと知る。

なーんだ。

でも折角読んだし、読んだらそれは生々しい戦闘の記録でなんだか胸を打たれたし、

だからここに残しておこう。

 

1

昭和十六年十二月二十三日  「ウェーキ」攻撃

昨日の攻撃に九死に一生を得て帰還した
感無量一夜を明かした 本日の攻撃編制に又攻
撃参加出来て 昨日の戦死者の仇打にと
心は勇躍した 四時に船爆、艦戦攻撃に発進
今日は上陸作戦協力である
昨日午後の十一時頃上陸作戦を開始したと云う
報に帰す
午前六時発進 其の時は既に陸戦隊は上陸して
ウェーキ本島進撃中で有ると云う
艦攻九機 艦戦二機発進 天候は各
所にスコールの有る様な状態で雲多し

 

2

??コースを進撃 七時二十分頃はウェーキ着
陸戦隊の水雷戦付 嶋の付近に航行して
居る 非常に嬉しかった 又昨日の通り戦斗
機の攻撃が有るかと機銃をかまえた 然し
敵影見ず 高度二千程度ウェーキ島上空を
四五回旋回して偵察した 然し地上砲大なし
高度七百付近に下げて爆撃した
午前八時半頃 敵兵は降伏 白旗を揚げて敵戦
隊が前進して行くのを見て非常に嬉しかった 曰く
敵国人なしてたいした事無い 曰くボカンと敵戦隊の行
動を見ている様なもので有ったと云う
午前十時頃 ウェーキ群島を完全占領した

 

3

斯して作戦完全に遂行し得て当隊は内地に
向けて帰還するので有る
午前九時半頃無事着艦した
第一分隊長機と森兵長の自機は低空偵察をした所が
機銃攻撃を受けたのか分隊長は破片で顔腕等を
負傷した 森兵長の自機は燃料タンクを打ち破られ二機
はよく母船に帰還した 森兵長の自機は燃料に火が
付いて燃えながら着艦したと云う 本日攻撃の損
傷 唯・・此れだけ 然し我等無事帰還された事を
祝すので有る
第二次の攻撃は取り止め
夕刻総員集合・・・船長訓示