二代尾上忠義伝 五段目つづき(その2)~六段目

 

読んだ本 http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10301710

 

f:id:tiiibikuro:20170623233425j:plain

 21
「つゞき」いかにごうもんするとも
三郎がゆくへよも
いふなじもはや
たつねぬあんど
して死ねたゞ
いひきかすいち
じやうは今朝なん
ぢにつかはせしその
かたなはわが父兵衛
まんゆうをうつときむねん
こつてくひ付しはがたあり
そのかたなにてはらきれば
しゆう/\゛ともにうち死どうぜん
娘もわれもういまごのかほも
見ずにころすいんぐわのこる
ばゝもえんきつたぼだいなど
とむらふなトまだいいまいふも
のこすなさけ「母んはおかまひ
なきなればあねが身のしろ
百両のかねていもとがつい

 

f:id:tiiibikuro:20170623233446j:plain

 ぜんくようト
のこる方なき
紙ざきが出る
をやらじと
犬ぶち藤内
こゝろえ紙崎小づかの
しゆりけん来かゝる雪平ぬくより

 はやく
藤内が
くびうち
おとし
わかれ/\て
出て行

 

f:id:tiiibikuro:20170623233502j:plain

 「六段目つるかをか ざうり打の場」  
かけまくもふとしく立てし
宮ばしらわくわうのちりも
かげ清きときはかきはの
かぐらうた千代をことぶく
つるが岡弓矢の神の鳥居
さきくんじゆはたえま?
なかりけりあしかゞけの
おく女中つぼね岩ふぢ
中らう尾上花の方の
代参として武うん長久
花若?の御身のきねん
花の方の心をこめし
ぐわんしよほうのう
ことをはり尾上をば
べつとう方へさきへ
やりまちあはせる
岩藤がまへにつくばに
わしの善六「ヲゝまち
かねし善六いさいは
きのふのふみのとほり
いつぞやもんぢう
所でとりおとした
みつしよたしかに
尾上めがひろいおつた
スリヤそのぶんにすて
おかれぬゆへけふのしゆかう

 

f:id:tiiibikuro:20170623233518j:plain

 いさいの?はずは
かんぬし方で「のみ
こみましたトうな
づき合ひ人くひ
馬のあひくちと
うちつれ
やかたへいそぎ行
○つぼね岩藤は
こしもとさえだと
いひかはせしもゝの井
もとめにこゝろをかけ
善六をもつてえん
しよをおくりけるに
もとめもむねあしき
岩藤なれば何げなふ
文をうけとりかへりかへりことは
此方よりと一寸のがれにして
おきしが心ぐわんのことありて
八まんへさんけいなすをり
からさえだにあひて
つもるはなしをするうしろへ
つぼね岩藤
こひのいこん
のふぎよば
はり二人は
ほつと
もてあまし
「つぎへ」

 

f:id:tiiibikuro:20170623233537j:plain

如何に拷問するとも三郎が行方よも言うまじ、もはや訊ねぬ、安堵して死ね。ただ言い聞かす一条は、今朝汝に遣わせしその刀は、我が父兵衛、満佑を討つ時無念立って喰い付きし歯型あり。その刀にて腹切れば主従共に討死同然」「すりゃ主人の最期のこの刀で、姫も我も初孫の顔も見ずに殺す因果、残る婆も縁切った。菩提など弔うな」とまだ今際にも残す情け。「母にはお構い無きなれば、姉が身の代百両の予ねて妹が追善供養」と残る方無き紙崎が、出るをやらじと犬渕藤内、心得紙崎小柄の手裏剣、来かかる雪平抜くより早く、藤内が首討ち落し、別れ別れて出て行く。

 

「六段目 鶴が岡草履打ちの場」
かけまくも太しく立てし宮柱、和光の塵も影清き、常磐堅磐(かきわ)の神楽歌、千代を寿く鶴が岡、弓矢の神の鳥居先、群衆は絶えまの無かりけり。足利家の奥女中、局岩藤、中老尾上、花の方の代参として武運長久、花若?の御身の祈念、花の方の心を込めし願書奉納、事終り尾上をば別当方へ先へやり待ち合せる。岩藤が前に蹲う鷲の善六、「おお、待ちかねし善六、委細は昨日の文の通り、いつぞや門注所で取り落した密書、確かに尾上めが拾いおった。すりゃその分に捨ておかれぬ故今日の趣向、委細の手筈は神主方で」「呑み込みました。」と頷き合い、人食い馬の合口と打ち連れ館へ急ぎ行く。
○局岩藤は腰元早枝(さえだ)と言い交せし桃井求馬に心をかけ、善六を以て艶書を送りけるに、求馬も胸悪しき岩藤なれば何無う文を受け取り、返り事はこの方よりと、一寸逃れにしておきしが、心願の事ありて八幡へ参詣なす折から、早枝に逢いて積もる話をする後ろへ、局岩藤恋の遺恨の不義呼ばわり、二人はほっと持て余し、「次へ」