甲越勇将伝 上杉家廿四将 本庄越前守繁長 国芳

 

f:id:tiiibikuro:20170715131453j:plain

越前守繁長は謙信虎千代の幼年より補佐したる
実に開国の元老なりされば彼大戦には海津の押に
屯なししが西
条山の武
田勢
追々
川中嶋へ
帰着なし
午の刻
過る頃より味方の籏色甚あしく
大将の萊菔折懸の馬印敵中に漂ふ

 

 

f:id:tiiibikuro:20170715131511j:plain

さまを遥に見て籏本を救ずんはあるべ
からずと川原面へ引返せば敵将馬場信
房が陣より打
出す鉄砲雨よりしげく
先手の軍卒すゝみ兼しを繁長馬より
飛でおり己に
つゞけといふ儘に兼て造せおいたる鉄
楯重さはかり難きものを軽々しく
差かざし煙の内を進行さま
凡人の所為にはあらじと
人みな舌をぞ巻たりける

応需 柳下亭種員誌

 

 

甲越勇将伝 上杉家 廿四将  本庄越前守繁長

f:id:tiiibikuro:20170715131223j:plain

越前守繁長は謙信虎千代の幼年より補佐したる、実に開国の元老なり。
されば彼の大戦には海津の押えに屯(たむろ)なししが、西条山の武田勢
追々川中島へ帰着なし、牛の刻過ぐる頃より味方の籏色悪しく、大将の
萊菔(大根)折懸の馬印、敵中に漂う様を遥かに見て、「旗本を救わずんは、あるべからず」
と川原面(おもて)へ引き返せば、敵将馬場信房が陣より打ち出だす鉄砲雨より繁く、
先手(さきて)の軍卒進みかねしを、繁長馬より飛んで降り、「我れに続け」と言うままに、
かねて造らせ置いたる鉄(くろがね)楯、重さ量り難きものを軽々しく差しかざし、煙の内を
進み行く様、凡人の所為にはあらじと、人皆舌をぞ巻きたりける。