空満屋連和漢武勇合三番之内 大井子と樊噲

 

f:id:tiiibikuro:20170925181925j:plain

 

  杉迺屋末枝
谷の戸をひらきて出る鶯の斯うもゆたかな春の酒盃

 春 恥女
紫の露の眉をひき立て力もつよく見ゆる佐保姫

 空満屋真枝
花笠を盃にしてうくひすも露をくめる春の生酔

 

谷の戸を開きて出ずる鶯の こうも豊かな春の酒盃

紫の露の眉を引き立てて 力も強く見ゆる佐保姫

花笠を盃にして鶯も 露を汲める春の生酔い


 

 

f:id:tiiibikuro:20170925181810j:plain

樽に「大い」