曽根崎心中(再読)

 

読んだ本 http://archive.waseda.jp/archive/index.html

     イ14-00002-481


2 (三十三所観音廻り
曽根崎心中 付り観音廻り
げにやあんらくせかいより 今此しや
ばにじげんして 我らがためのくはん
ぜおんあをぐもたかしたかきやに のぼ
りてたみのにぎはひを ちぎりをきてし
なにはづや みつづゝとをと三つのさと ふた


3
しよ/\のれいちれいぶつめぐれば つみも
なつのくもあつくろしとてかごをや をり
はのこひめさぶろくの 十八九なるかほよ花
今さき出しの はつ花にかさはきず共めさ
ず共 てる日の神もおとこ神 よけて日ま
けはよもあらじ たのみ有けるじゆんれい

道 西国卅三所にもむかふと きくぞ有がたき
一ばんに天まの 大ゆふじ 此御寺のなもふりしむかしの
人も きのとほるのおとゞの 君か しほがまのうらを
都にほり江こぐしほくみぶねのあとたえず
今もぐせいのろびやうしに のりの玉ぼこえい
/\ 大坂しゆんれいむねにきふだのふたらくや


4
大江のきしよにうつなみにしらむよあけの とり
も二ばんに長ふくじそらにまばゆき久かたの ひ
かりにうつる家かげのあれ/\はしればはしる
これ/\又とまればとまるふりのよしあし見る
ことく心もさぞや神仏 てらすかゞみの神明宮
おがみめぐりてほうぢうじ 人のねがひも我ごとく

これをか恋のいのりぞと あたのりんきやうかい
東はいかに 大きゃうじくさのわかめも春過て をくれ
ざきなるなたねやけしの 露にやつるゝ友の空 をの
がつまごひ やさしやすしや あちへとびつれ こちへ
とびつれ あちやこち風ひた/\/\ はねと/\を
あはせのそでの そめたもやうを花かとてかたに


5
とまればをのづから もんにあげはのてうせんじ
ぜんだうし りつたうじ 天まのふだしよのこりなく
そなたにめぐるゆふ立のくものはごろも せみの
はのうすき手のごひ あつき日につらぬくあせの
玉つくりいなり の宮にまよふとの やみはことはり
御仏も 衆生のためのおやなれば 是ぞをばせの

かうとくじ よもにながめのはてしなく 西にふなぢ
のうみふかく なみのあはぢにきえずもかよふ おき
のしほ風 身にしむかもめ なれもむじやうのけふ
りにむせぶ いろにこがれてしなふなら しんぞ此
身はなりしだい さて げによい けいでんじ えんにひ
かれて 又いつかこゝにかうづのへんめういん ぼだいの


6
たねや上寺町の長あんじ より せいあんじ のぼ
りやすな/\くだりやちよこ/\ のぼりをりつ
谷町すぢを あゆみならはずゆきならはねばしよ
ていくづをれアゝはづかしの もりてもすそがはら
/\/\ はつとかへるをうちかきあはせ ゆるみしおび
を引しめ /\ しめてまつはれふぢのたな 十七ばん

じうがんじ 是からいくつ生玉のほんせいじそと
ふしおがむ きゆずにつながんぼたいじや はや天王
六時堂七千よくはんの経堂に経よむ
とりの時ぞとて よそのまつよひきぬ/\も 思はで
つらきかねのこえ こん金堂かうだうまんどう
いんにともすひは かげもかゝやくらうそくの


7
清水にしばしとて やがてやすらふ あふさかのせきの
しみづをくみあげつ 手にむすびあげ口すゝぎむみやう
の酒のえひさます 木々の下風ひや/\と右の袖口
左の袖へ とほるきせうにくゆる火も 道のなぐさみ
あつからずふきて みだるゝうすけふり そらにきえ
ては是もまた ゆくえもしらぬ あひおもひ

ぐさ 人しのぶぐさ道くさに 日もかたふきぬいそ
かんと又立出るくものあし しぐれの松の下寺町
にしん/\゛ふかきしんかうじ さとらぬ身さへ
かくじ さて こんだいじ 大れんじ めくり/\て是
ぞはや 三十ばんに 三津寺の大じ大ひを頼に
て かくる仏の御手のいと しらが町とよくろか


8
みは恋にみだるゝまうしうの 夢をさまさんばく
ろうの こゝもいなりの神やしろ仏神すいはのしるし
とていらかならべし新御霊に おがみをさまるさしもぐさ
くさのはすはなよにまじり 卅三に御身をかへいろで
みち引なさけでをしへ 恋をぼだいのはしとなし わたして
すくふくはんぜおんちかひは たへに有がたし
 (生玉社前の段
立まよふうきなをよそに もらさじとつゝむ心のうちほん
まち こがるゝむねのひらのやにはるをかさねしひな
おとこ 一つなりくちもゝのさけ やなぎのかみもとく/\
とよばれてすいのなとり川 今はてだいとむもれぎの
きじやうゆのそでしたゝるきこひのやつこにになは
せて とくひをめぐりいくだまのやくしにこそはつきに


9
けれ出ちや屋のとこより女のこえありや徳様では
ないかいの コレ徳様/\と手をたゝけば徳兵衛 がてんし
てうちうなづき コレ長蔵 をれはあとからいのほどに
そちは寺町のくほんじ様長きうし様 うへ町からやしき
がたまはつてさうしてうちへいにや 徳兵衛もはやもどると
いや それわすれず共あづち町のこうやへよつてぜにとりやや

だうとんぼりへよりやんなやと かげ見やるまで見をくり
/\ すだれをあげてコレおはつじやないか これはどう
じやとあみがさを ぬがんとすれば アゝまづやはりきて
いさんせ けふはいなかのきやくで 卅三ばんのくはんおん
様をめぐりまし こゝでばんまで日ぐらしに さけに
するじやとぜいいひて ものまねきくにそれそこへ


10
もどつて見ればむつかしい かごもみなしらんしたしゆ
うあつはりかさをきていさんせ それはさうしやが此
ごろはなしもつぶてもうたんせぬ きつかひなれど
内かたのしゆびをしらねばびんぎもならず たんば
屋まではお百どほどたづぬれど あそこへもをことづれも
ないと有 ハアたれやらがヲゝそれよ ざとうの大いちがともだ

ち衆にきけば ざいしよへいかんしたといへ共つんとまこ
とにならず ほんにまたあんまりなわしはどうならふ
共 きゝたうもないかいの こな様それでもすもぞいの
わしはやまひになるはいの うそならこれ此つかへを
見さんせと 手をとつてふところのうちうらみたるく
どきなき ほんの めをとにかはらじな おとこもないて


11
ヲゝだうり/\去ながら いふてくにさせなにさふぞいの
此中をれがうきくらう ぼんと正月其うへに 十やお
はらひすゝはきを一どにする共かうは有まい
心のうちはむしやくしやとやみらみつちやのかはぶくろ
銀ごとやらなんじや屋らわけは京へものぼつて
くる ようも/\徳兵衛が命はつゞきのきやうげんに

したらばあはれにあらふぞとためいきほつとつぐ斗 
ハテかる口のだんかいの それほどにないことをさへ わし
にはなぜにいはんせぬ かくさんしたはわけがあをなぜ
うちあけてくだんせぬと ひざにもたれてさめ/\゛と
なみだは のべを ひたしけり ハアテ
なきやんなうらみやる
な かくすではなけで共いふてもらちのあかぬこと 去


12
ながら大かた先すみよつたが 一ぶしゞうを聞てたも を
れがだんなは主ながらけんざいのをぢをいなればねん
ごろにもあづかり 又身共もほうこうに是程もゆ
だんせず あきなひ物ももじひらかなのちがへたこと
のあらばこそ 此頃あはせをせふと思ひさかひすぢ
でかゞ一ひき だんなのなだいてかひがゝる是が一ごふぃたつ

た一ど 此銀もすはといへばきがへyりてもそんかけぬ
此正直を見て取て ないきのめいに三貫め付て
めをとにし あきなひさせふといふだんかうきよねん
からのことなれど そなたと云人もちてなんの心がうつ
らふぞ 取あへもせぬ其内にざいしよの母はまゝ母
なるが 我にかくしておやかたと談合きはめ二貫め


13
のかねを小ぎつて帰られしを此うつそりが夢にも
しらず あとの月からもやくり出しをしてしうげん
させふと有 そこでをれもむつとして やあら聞えぬ
だんな様 私がつてんいたさぬをらうぼをたらしたゝ
きつけ あんまりななされやうおないき様も聞
えませぬ 今まで様に様を付あがまへた姫ごに かね

を付て申うけ一生女ばうのきげん取此徳兵衛
が立ものか いやと云からはしんだおやじかいきか
へり申とあつても いやでござると詞をすご
すへんたうに おやかたもりつふくせられ をれが
それもしつている しゞみ川の天まやのはつ
めとやらとくさりあひ かゝがめいをきらふよな


14
よい此上は娘はやらぬ やらぬからは銀を立 四
月七日迄にきつと立あきなひのかんぢやう
せよ まくり出して大坂のぢはふませぬといから
るゝ 某も男のがヲゝソレ畏たとざい所へはしる 又
此母と云人が此世があのよへかへつても にぎつ
た銀をはなさばこそ 京の五てうの醤油問

屋つね/\かねの取やりすれば 是を頼みにのぼつて見
ても折しもわるう銀もなし 引かへしてざいしよへゆ
き一ざいしよのわびことにて 母より銀を請取たり
おつつけかへしかんぢやうしまひさくりとらちがあ
くはあく され共大坂にをかれまい 時にはどうしてあ
はれふぞたとへばほねをくだかれて身はしやれがいの


15
しゞみ川そこのみくづとならばなれ わがみにはなれどう
せふとむせび 入てぞなきいたるおはつも 共にせく
なみだ力を付てをしとゞめ 扨々いかい御くらう皆
わし故と存ずれば いれしがなしう忝し 去ながら
心慥に思召せ 大坂をせかれさんしてもぬすみ
かやきの身ではなし どうして成共をくぶんはわしが心

に有こと也 あふにあはれぬ其時は此世斗のやく
そくか さうしたためしのないではなし しぬるをたか
のしでの山さんづの川はせく人もせかるゝ人も 有ま
いときづよういさむ詞の中 なみだにむせていひさせ
り おはつかさねて七日といふてもあすのこと とて
もわたす銀なればはやうもどしておやかた様の


16
きげんをもとらんせといへば ヲゝさう思ふてきがせ
くが そなたもしつたかのあぶら屋の九平次が あと
の月のつごもりたつた一日入こと有 三日のあさはかへ
さふと一めいかけてたのむにより 七日迄はいらぬ銀
きやうだいどうしのともだちのためと思ひて 時がし
にかしたるが三日四日にいんぎせず 此日はるす

であひもせず今朝尋ふと思ひしか 明日ぎりに
あきなひのかんぢやうもしまはんととくひまはりて
うちすぎたり ばんにはいつてらちあけふ あいつも
おとこみがくやつ をれがなんぎもしつている ぢよ
さいは有まいきづかひしやつなヤアおはつ はつせも
とをしなにはでらなどころおほきかねのこえ つき


17
ぬやのりのこえならん 山でらのはるのゆふぐれ
きて見ればさきなはコレ九平次 アゝふできな方な 身
はかたへはふとゞきしてゆざんところでは有まいぞサア
今日らちあけふと手を取て 引とむれば九平次
けうさめがほになつて なんのことぞ忠兵衛 此つれ
衆は町の衆 上しほまちへいせかうにてたゞいまか

へるが酒も少のんでいる きゝうで取てどうする
ことぞ そさうをするなとかさをとればイヤ此忠兵
衛はそさうはせぬ あとの月の廿八日銀子二貫
め時がしに 此三日切にかしたる銀それをかやせと
いふことゝ いはせもはてず九平次かつら/\とわらひ
きがちかふたか忠兵衛 われとすねんかたれ共一せん


18
かつたおぼえもなし れうじなことをいひかけ
こうくはいするなとふりはなせば つれもかさをはら
りとぬぐ忠兵衛はつといろをかへ いふな/\九平
次 身が此たび大なんぎどうもならぬ銀なれ共
つごもりたつた一日でしんだいたゝぬとなげいたゆへ
日ごろかたるはこゝらと思ひおとこづくてかしたぞよ

てがたもいらぬといふたればねんのためじやはんを
せふと 身共にせうもんかゝせおぬしがをしたはんが
有 さういふな九平次とちまなこになつてせめか
くる ムウなんじやはんとはどれ見たい ヲゝ見せいでをかふ
かと くはいちうのはながみ入より取出し お町衆なら
見しりもあらふ コリヤ是でもあらがふかと ひらいて


19
見すれば九平次よこ手を打 なる程はんはをれが
はん エゝ忠兵衛つちにくひ付しぬるとてもこん
なことはせぬものじや 此九平次はあとの月の廿五
日 はながみぶくろをおとしていんばん共にうしなふた
はう/\゛にはりがみして尋れ共しれぬゆへ 此月から
コレ此御町衆へもことはりいんばんをかへたいやい 廿

五日におとしたはんを八日にをされふか 扨はそれが
ひろふて手がたを書てはんをすへ をれをねだつて銀
とらふとはばうはんより大ざいにん こんなことをせふより
もぬすみをせい忠兵衛 エゝくびをきらせるやつなれど
ねんこどかいにゆるしてをく 銀に成ならして見よと手
がたをかほへうちつけ はつたとにらむかほつきはけん


20
によも なげにしら/\し 徳兵衛くはつとむねせいて
大ごえあげ 扨たくんだり/\ 一はいくふたがむねんや
な ハテなんとせふ此銀をのめ/\とたゞをのれにとら
れふか かふたくんだことなればでんどへ出てもをれが
まけ うでさきで取て見せふコレヤ ひらのやの徳兵衛
じやおとこじやががつてんか をのれがやうにともだちを

かたつてたをしょとこじやないサアこいとつかみつくヤア
しやらなでつちあがりめ なげてくれんとむな
ぐら取 ぶちあひねふぃあひたゝきあふ おはつは
はだしでとんでをりあれみな様たのみますわ
しがしつたお人じやがかごのしゆはいやらぬか あ
れ徳様じやと身をもがくせんかたなくもあは


21
れ也 きやくはもとよりいなかもの けがゝあつてはな
らぬぞとむたいにかごにをしいるゝ いや先まつてく
だんせなふかなしやとなくこえばかり いそげ/\と一
さんにかごをはやめて帰けり 徳兵衛はたゞ一人
九平次は五人づれ あたりの茶屋よりぼうずく
めはすいけまでおひ出し たれがふむやらたゝく

やらさらにわかちはなかりけり かみもほどかれおびも
とけ あなたこなたへふしまろびやれ九平次めち
くしやうめ をのれいけてをかふかと よろほひた
つねまはれ共にげてゆくえも見えばこど 其まゝ
そこにどうとすはり大ごえあげてなみだをなかし
いづれものてまへもめんぼくなしはづかしと まつたく


22
此徳兵衛がいひかけしたるでさらになし 日ごろ
きやうだいどうぜんにかたりしやつがことゝいひ 一生の
おんとなげきしゆへ 明る七日此銀がなければ我
らもしなねばならぬ 命がはりのかねなれ共たがひ
のことゝやくに立 てがたを我らがてゞかゝせ いんばん
すへて其はんをまへかたにおとせしと 町内へひろうして

かへつて今のさかねだれ 口おしやむねんやな 此ご
とくふみたゝかれ男も立ず身も立ず エゝさいぜんにつかみ付
くひついてなり共しなんものをと大地をたゝきは
がみをなし こぶしをにぎりなげきしは だうりとも
せうし共思ひ やられてあはれ也 ハアかういふてもむ
やくのこと 此徳兵衛がしやうぢきの心のそこのすゞ


23
しさは 三日をすごさず大坂中へ申わけはして
見せふと のちにしらるゝことばのはしいづれも御
くらうかけました 御めんあれと一れいのべ やぶれ
しあみがさひろひきてかほもかたふく目かげさ
へ くもるなみだにかきくれ/\ すご/\かへるあり様は
めもあて られぬ (天満屋の段)「恋風の 身にしゞみ川

ながれては其うつせがいうつゝなきいろのやみぢを
てらせとて よごとにともすともしびは 四きのほ
たるよあまよのほしか なつも花見るむめだばし
たびのひなびと地の思ひ人心こゝろのわけの
道しるもまよへばしらぬもかよひ 新いろざとゝに
ぎはしゝ むざんやなてんまやの おはつは内へ帰りても


24
けふのことのみきにかゝり酒ものまれずきもす
まずしく/\ ないて いる所へ となりのよねやはう
ばいのちよつときてはなふはつ様 なにもきかんせぬ
か 徳様は何やらわけのわるいこと有て たんとぶたれ
さんしたと 聞がほんかといふも有 イヤわしがきや
く様のはなししやが ふまれてしなんしたげなと

いふも有 かたりをいふてしばられての にせばんして
くゝられてのと ろくなことは一つもいはず とふにつらさ
の見まひ也 あゝいやもういづてくだんすな きけは
きくほとむねいたみわしからさきへしにさうな いつ
そしんでのけたいとなくよりほかのことぞなき
涙かたてにおもてを見ればよるのあみがさ徳


25
兵衛思ひわびたるしのびすがたちらと見るより
とび立斗 はしり出んと思へ共おうへにはていしゆ
ふうふ あがりくちにれうり人 にはでは下女がやく
たいのめがしげければさもならず アゝいかうきがつ
きたかど見てこふとそつと出なふ是はとうぞいの
こな様のひやうばんいろ/\に聞たゆへ 其きづかひ

さ/\ きちがひのやうになつていたはいのふと かさ
のうちにかほさし入 こえを立ずのかくしなきあは
れ せつなきなみだ也 おとこもなみだにくれな
がら きやくやるとほりのたくみなればいふほどを
れがひにおちる 其内四はう八はうのしゆびは
ぐはらりとちがふてくる もはやこよひはすごさ


26
れずとんとかくごをきはめたと さゝやけばう
ちよりもせけんにわるいさたがある はつ様内
へはいらんせとこえ/\゛によびいるゝ ヲウ/\あれじや
なにもはなされぬ わしがするやうにならんせと
うちかけのすそにかくし入はふ/\なかどの くつ
ぬぎよりしのばせて えんの下やにそつといれ

あがり口にこしうちかけ たばこ引よせすひ付て
そしらぬ かほしていたりけり かゝる所へ九平次
わる口中間二三人 ざとうまじくらどつときた
り ヤアよね様たちさびしさうにこざる なにときや
くになつてやらふかい なんとていしゅ久しいのと の
さばり上ればそれたばこぼんおさかづきと ありべ


27
かゝりに立さはぐ イヤさけはをきやのんできた 扨はな
すことが有 これのはつが一きゃくひらのやの徳兵衛
が 身がおとしたいんばんひろひ 二貫めのにせ手がた
でかたらふとしたれ共 りくつにつまつてあげくには しな
ずがひなめにあふて一ぶんはすたつた きやうこうこゝらへ
きてる共ゆだんしやるな みなにかうかたるのも徳兵衛が

うせまつかいさまにいふとても必まことにしやるなや よ
せることもいらぬものとうでのへかとびたものとまこと
しやかにいひちらす えんの下にははをくひしばり身
をふるはしてはらを立るおはつは是をしらせじとあしの
さきにてをししづめ をさへしづめしんべうさていしゆは
久しいきやくのこと よしあしのへんたうなく さらばなんぞお


28
すひ物とまぎらかしてぞ立にける はつは涙にくれなが
らさのみりこんにいはぬもの 徳様の御こといとしなじみ
心ねをあかしめかせし中なるが それは/\いとしぼげに
みぢんわけはわるうなし たのもしだてが身のひしでだまさ
れさんしたものなれ共 せうこなければりもたゝず 此上
は徳様もしなねばならぬしな成が しぬかくご

か聞たいとひとりごとになぞらへて あしでとへば打う
なづき あしくびとつてのどぶえなでじがいするとぞ
しらせける アゝ其はづ/\ いつまでいきてもおなじこt
死ではぢをすゝがいではといへば九平次きよつとして
おはつはなにをいはるゝぞ なんの徳兵衛がしぬる
ものぞ もし又しんだら其あとは をれがねんごろし


29
てやらふ そなたもをれにほれてじやげなといへば
こりや忝なかろはいの わしと念頃さあんすと
こなたもころすががつてんか徳様にはなれて
かた時も生ていよふか そこな九平次のどう
ずりめ あほうぐちをたゝいて人が聞てもふしんが立
とうで徳様一しよにしぬかわしも一しよにしぬる

そやいのと あしにつけばえんの下には涙をながし
あしを取てをしいたゞき ひざにだき付こがれなき女
もいるにつゝみかね たがひに物はいはね共 きもと/\に
こたへつゝ しめり なきにぞなきいたる 人しらぬこぞ
あはれなれ九平次もきみわるく さうばがわるい
おしやいの こゝなよねしゆはいなことで をれらかやうに


30
かねつかふ大じんはきらひさうな あさやへよつて一
はいしてぐはら/\一ぶをまきちらし そしていんだらね
よかふアふところがをもたうて あるきにくいとわる
口だらけいひちらしわめいてこそは帰りけれ てい
しゆふうふこよひははやひもしまへ とまりの衆
はねせませひはつも二かひへあがつてねや はやうねや

といひければ そんならだんな様ないぎ様 もうおめに
かゝりますまいさらばでこざんす つちしゆもさら
ば/\とこよそながら いとまごひしてねやに入是一
生のわかれとは いのちにこそしれきもつかぬをろかの
心ふびんさよ それかまの下にねんを入さかなをね
ずみにひかするなと 見せをあげつかどさしつ


31
ねるよりはやくたかいびきいかなるゆめもみじか
よの八つになるのは ほどもなしはつはしろむくしに
出立恋ぢのやみくろ小袖 うへに打かけさしあし二
かいの口よりさしのぞけば おとこは下やにかほ出し
まねきうなづきゆひさして 心に物をいはすればは
しごの下に下女ねたり つりあんづの火はあかしかゞは

せんとあんぜしが しゆろはきにあふぎを付はこはしごの
二つめより あふぎけせ共きえかぬる 身も手も
のばしはたとけせば はしごよりとうどおちあんどう
きえてくらがりに 下女はうんとねがへりし 二人はどう
をふるはして尋まはるあやうさよ ていしゆおくに
てめをさまし 今のはなんじや をなご共有あけの


32
火もきえた おきてとぼせとおこされて下女はね
むそにめをすり/\ まるはだかにておき出火打
ばこが見えぬと さぐりありくをさはらじとあな
たこなたへはひまはるゝ玉かづら くるしきやみの
うつゝなややう/\二人手を取合 門口迄そつと出
かきがねはづせしが くるまどのをといぶかしくあけかね

し折から 下女は火うちをばた/\と 打音にまぎら
かしちやうどうてばそつとあけ かち/\うてばそろ
/\あけ あはせ/\て身をちゞめ袖と/\とをまきの
とや とらのおをふむ心地して二人つゞいてつつと
出 かほを見合せアうれしとしにゆく身をよろこ
びし あはれさつらさあさましさ あとにひうちの


33
いしの火の今のすえこそ「みじかけれ (天神森の段)此よのな
ごり 夜もなごり しににゆく身をたとふればあだしが
はらの道のしも 一あしづゝにきえてゆく ゆめのゆ
めこそあはれなれ あれかぞふればあかつきの 七つ
の時が六つなりてのこる一つがこんじやうの かねの
ひゞきのきゝおさめ じやくめついらくとひゞく也 かね

斗りは 草も木も そらもなごりと見あぐれば くも
心なき水のをとほくとはさえてかげうつるほしのかもせ
のあまのがはむめだのはしをかさゝきのはしとちぎりて
いつ迄も 我と そなたはめをとぼし 必さうとすがり
より 二人がなかにふる涙かはのみかさもまさるべし むかふ
の二かいは なにや共 おぼつか情さいちうにて まだねぬ


34
ひかげこえたかく ことしの心中よしあしの ことのはぐさ
や しげるらん きくに心もくれはどりあやなき
もふけかふ迄も よそにいひしか明日よりは我もう
はさのかずに入 世にうたはれんうたはゞうたへうたふを
きけば とうで女はうにやもちやさんすまい いらぬも
のじやと思へ共 げに思へ共なげ共其身も世もお

もふまゝならず いつをけふとてけふが日まで 心の
のびしよはもなく 思はぬいろにくるしみに どうし
たことのえんじややら わするゝひまはないはいな そ
れにふりすてゆかふとは やりやしませぬぞ手に
かけて ころしておいてゆかんせな はなちはやらじとなき
けれは うたも多きにあのうたを 時こそあれこよひ


35
しも うたふはたそやきくは我 すぎにし人も我々
も 一つ思ひとすがりつきこえもおしまずなき
いたり いつはさもあれ此よはゝ せめてしばしは
ながゝらて心もなつのよのならひ いのちをおは
ゆるとりのこえあけなばうしやてんじんのもり 
てしなんと手をひきてむめだつゝみのさよがらす

あすはわか身を えじきそや まことにことしはこな
様も廿五さいのやくのとし わしも十九のやく
どしとて 思ひあふたるやくだゝりえんのふかさのし
るしかや かみやほとけにかけをきしげんぜのぐはん
を今こゝで みらいへえかうしのちのよもなをしも
一つはちすぞやと つまぐるじゆずの百八に涙の


36
玉の かずそひてつきせぬ あはれつきる道 心も
そらも かげくらく風しん/\たるそねさきのもり
にぞ たどりつきにける ★かしこにかこゝにかとは
らへばくさにちるつゆの 我よりさきにまづきえて
さだめなきよはいなづまかそれかあらぬかアゝこは
今のは何といふ物やらん ヲゝあれこそは人だまよ こよひ

しするは我のみとこそ思ひしに さきだつ人も
有しよな たれにもせよしでの山のともなひ
ぞや なむあみだ仏/\のこえの中 あはれかなし
や又こそたまの世をさりしはなむあみだ仏と
いひければ 女はをろかになみだくみ こよひは人の
しぬるよかやあさましさよと涙ぐむ 男涙を


37
はら/\とながし二つつれとぶ人だまをよそのうへ
と思ふかや まさす御身と我たまよ なになふ
二人のたましひとや はや我々はしゝたる身か ヲゝつ
ねならばむすびとめつなぎとめんとなげかまし
今はさいごをいそぐ身のたまのありかをひとつにす
まん 道をまよふなたがふなと いだきよせはだをよせ

かつはとふして なきいたるふたりのこゝろぞふびん
なる 涙のいとのぶすびまつしゆろの一木のあひ
おひを れんりのちぎりになぞらへつゆのうき身
のをき所 ★サアこゝにきはめんとうはぎのおびを徳
兵衛もはつも涙のそめ小袖 ぬいでかけたるしゅ
ろのはの其玉 はゝき今ぞげにうきよのちりを


38
はらふらんはつが袖よりかみそり出し もしも道に
てのかゝり我々になるとても うきなはすて
じと心かげかみそりようい致せしが のぞみの
とほり一所でしぬるこのうれしさといひければ
ヲゝしんへうたのもしし さほどにこゝろおちつくから
はさいごもあんずることはなし さりながら今は

?(のと)きのくげんにて しにすがた見ぐるしといは
れんもくちおしし此ふたものとれんりの木に
からだをきつとゆはひつけ いさきようしぬまい
か世にたぐひなきしにやうの てほんとならん
いかにもとあさましやあさぎぞめ かゝれとて


39
さら/\と おびはさけてもぬし様とわしが
あひだはよもさけじと どうどざをくみふたえ
三えゆるがぬやうにしつかとしめ ようしまつたか
ヲゝしめましたと 女はつとのすがたを見おとこ
は女のていを見て こはなさけなき身のはて
ぞやとわつとなきいる 斗也 アゝなげかじと徳兵衛

ほふりあげて手をあはせ 我ようせうにてま
ことの父母にはなれ をぢといひおやかたの
くらうと成て人となり おんもをくらず此まゝに なきあ
とまでもとやかくと 御なんぎかけんもつたい
なや つみをゆるして下されかしめいどにまし
ます父母には おつつけ御めにかゝるべしむかへ給へと


40
なきければ おはつもおなじく手をあはせ こな様は
うらやましやめいどのをやごにあはんと有 我等が
とゝ様かゝ様はまめで此世の人なれば いつあふこと
の有べきぞたより此春聞たれ共 あふたは去年
の初秋のはつが心中取さたの あすは在所へ究
なはいか斗かはなげきをかけん おやたちへも兄

弟へも是から此世のいとまごひ せめて心がつうじ
なばゆめにも見えてくれよかし なつかしのはゝ
様やなごりおしのとゝ様やと しやくりあげ
/\こえも おしまずなきければ をつともわつと
さけびいり りうていこがるゝ心いきことはり
せめてあはれなれ ★いつ迄いふてせんもなし はや


41
/\ころして/\とさいごをいそげば心えたりと わき
ざしするりとぬきはなし サアたゝいまぞなむ
あみだ/\と いへ共さすが此とし月いとしかはいと
しめてねし はだにやいはがあてられふかと まな
こもくらみ手もふるひよはる心を引なをし
とりなをしてもなをふるひつくとはすれど

きつさきはあなたへはづれこなたへそれ 二三とひら
めくつるぎのは あつとばかりにのどぶえにぐつ
ととほるかなむあみだ/\なむあみだぶつと くり
とほしくりとほすうでさきも よはるを見れは
両手をのべ たんまつまの四く八く あはれと いふも
あまり有 我とてもをくれふかいきは一どに


42
引とらんと かみそり取てのどにつき立 つかも
おれよはもくだけとえぐり くり/\めもくるめ
き くるしむいきもあかつきの ちしごにつれて
たえはてたり たがつくるとはそねざきのもりの
下風をとにきこえ とりつたえきせんくんじゆ
のえかうのたね みらい成仏うたかひなき恋の 手本と成にけり