見立多以尽  はやくひらかせたい

 

f:id:tiiibikuro:20171228133421j:plain

見立多以尽

はやく ひらかせたい

耐忍(しんぼ)さしやんせあの梅の木も。雪の中から花が咲。
と聞えし都々一の。意(こころ)は適(うま)く穿ち
得し。若木の花の未開紅(こう)。雨風の
夜の出稼(おざしき)に。褄は濡ても唯一重。
二夫(かさねづま)せぬ季咲(きざき)の鉢もの。堅固(かた)い
蕾と人々に。いはれて操立通す。
末は愛(めで)たく歯も青花礠(そめつけ)の。
盆栽ならぬ本妻と。風聴(ひろめ)も
済で売る身は。結びし
神の縁日の梅。

 

 

f:id:tiiibikuro:20171228133435j:plain