天神記 

 

読んだ本 http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/883056

 

 

f:id:tiiibikuro:20171101182618j:plain
2
てんじん記        

○かもづゝみ        
にてさくら丸
ふうふかりや
ひめのこひの
とりもちをする

天神記  
加茂堤にて桜丸夫婦、苅谷姫の恋の取持ちをする。 

 

 f:id:tiiibikuro:20171101182640j:plain
3
かんせう/\゛は
かんたうの
けらいたけべ
けんさう
を▲

▲めし
たまひ
ぴつほう

でんじゆを
なし給ふ
その日
ざんしやの
ためにむじつの
つみをえ給ひ
つくしへるざい
となる
げんざうは
かんしうさい
をつれて
たち
のく

管丞相は勘当の家来、武部源蔵を召し給い、筆法伝授を為し給う。
その日、讒者の為に無実の罪を得給い、筑紫へ流罪となる。
源蔵は菅秀才を連れて立ち退く。       

 

 

f:id:tiiibikuro:20171101182659j:plain
4
かんせう/\゛
つくしへ
くだると
ちう
かはちの
はじむらへ
立より
給ふ
はんぐわん
だい
てる
くに
けいごす

いまの
だう
みやう

これ
なり

管丞相筑紫へ下る途中、河内の土師村へ立寄り給う。
判官代輝国、警護す。
今の道明寺これ也。

 

 

f:id:tiiibikuro:20171101182742j:plain
5
うめわうさくら丸
のきやうだいみちに
さだいじんときひらの
くるまにいであひ
らんぼうなすを
あにまつわう
いかつてきやう
だい三人
あら
そひ

くるまを
うちくだく
ときひら
松王のちうぎに
めでゝ梅わう
さくら丸をゆるす


梅王、桜丸の兄弟、道に左大臣時平の車に出会い、乱暴を為す。
兄松王怒って、兄弟三人争い、車を打ち砕く。
時平、松王の忠義に愛でて、梅王、桜丸を赦す。

 

 f:id:tiiibikuro:20171101182832j:plain
6
百しやう
しら大夫が
七十の賀の
いはひに
松わう
梅わう▲


こう
ろんに
および
たがひに
あら
そふ

百姓白太夫が七十の賀の祝に、
松王、梅王、口論に及び互いに争う。

 

 f:id:tiiibikuro:20171101182758j:plain
7
松王丸はわが子を
ころしてかんしう
さいの
身がは
りと

なし
げんざう
ふうふ

はじめて
わがほん
しんをあかす
しゆんどうげんば
にせくびをもちかへる

松王は我子を殺して菅秀才の身替りと為し、
源蔵夫婦に初めて我が本心を明かす。
春藤玄番、贋首を持ち帰る。

 

 

f:id:tiiibikuro:20171101182850j:plain
8
かん
せう/\゛
らいじんと
なつてあくにん
をうちころす

管丞相、雷神と成って悪人を討ち殺す。

 

 

 

道明寺天満宮

f:id:tiiibikuro:20171110211250j:plain

 大阪府藤井寺市道明寺