二代尾上忠義伝 三段目つづき(その4)

 

読んだ本 http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10301710

 

f:id:tiiibikuro:20170621210823j:plain

 13
大杉が立身みねにあさ日ののぼるがごとく
又紙崎はえんがはのふもとにくもる
むらさめとふりゆく身こそあはれなる
大杉はくわん/\と大もんの袖かきあはせ
「イヤ何紙崎どのそれがしひつぴより
かゝるりつしんきでんにはかへつて御いみ
さかえおとろふは世のつねなげき給ふな
此大杉がをり紙もつてごぜんあしくは
はからはじといへども紙崎はもく
ねんとしほれいたるに正げんは
こえあらゝげ「ヤア/\軍平ソレ
紙崎をぼつぱらへイザ/\
大杉殿ごぜんへともに
お目見えとぜん
だいみもんの出世のたもとひるがへし
てぞ入にける

 

f:id:tiiibikuro:20170621210840j:plain

 しじふのやうすさいぜん
より尾上はひと間を
立出て「ヤレ紙崎さま
やうすはのこらずきゝました
心元なきおいへのありさ
「ヲゝやさしくも申されし
われそのもとの中心を
見こみたのみおく
一大事をぢごてん善
殿をはじめ

 

f:id:tiiibikuro:20170621210900j:plain

 かとう
どの仁木
なんど花の方
御しんしをうし
なはんとさま/\゛の
かんけい何とぞきでんの
上のあんぜん
おいへの長久
たのみ申すと
なみだにくれて
たのみけるともに
をのへもなみだに
くれしばし
もくして
いたりしが

 

f:id:tiiibikuro:20170621210916j:plain

 「こゝろ
ました
紙崎さま
さいぜん
岩藤が
おとせし
みつしよ
後日の手がゝりせんぎのたね
「ホエオなるほど/\こゝろ
ならざつてんぜん
岩藤それがしに
なりかはり

 

f:id:tiiibikuro:20170621211048j:plain

 

ずいぶん忠きんたのみ入ると
忠臣義女のたましひを
あかしちかひて
わかれけり
○源蔵はみちしばを引とらへ
はや/\やしきをたちのけと

おひやる所へ縫の助は
道芝はいなさぬとさゝゆる
折から当番のさむらひ
あはたゝしくかけ来り
何ものかほうぞうを
きりやぶりつぎ目
のりんしを
うばひとり

 

f:id:tiiibikuro:20170621211107j:plain

 たち
のきの
すぐ
さま
御ちう
しんと
いひ すてゝ
ひきかへす
ハツト
ぎやうてん
ぬひの
すけ
「次へ」

 

(左頁上)

f:id:tiiibikuro:20170621211141j:plain

 畑「ヤイ源蔵
うぬが舌ゆへ
兄少ぜんは
君のかんどう
なんぢが
くびを
あにへの
テみやげ
わが
かん
どうの
わびのたね
たつる
じせつだ
かんねん
ひろげ

 

f:id:tiiibikuro:20170621211158j:plain

 源「ヤレはや
まるな
はた助殿
そこもとが
あにをおひ
うしなひ
主人をどく
さつせんと
したるは仁木
正げんばうけい
あらはれさがみ川へおち行しぞ
あとぼつかけて兄へのかうを立られよ
「スリヤみな仁木がたくみなるかヲゝがつてんだ

 

f:id:tiiibikuro:20170621211214j:plain

 

大杉が立身峰に朝日の昇るが如く、又紙崎は縁側の麓に曇る村雨と降り行く身こそ哀れなる。大杉はかんかんと大紋の袖掻き合わせ、「いや何紙崎殿、某匹夫より斯かる立身、貴殿には却って御意味、栄え衰うは世の常、嘆き給うな。この大杉が折を以て御前悪しくは計らわじ。と言えども紙崎は黙然と萎れ居たるに、正げんは声荒らげ、「やあやあ、軍平は紙崎をぼっ払え。いざいざ大杉殿、御前へ共にお目見え」と前代未聞も出世の袂翻してぞ入りにける。


始終の様子、最前より尾上は一間を立ち出で、「やれ紙崎様、様子は残らず聞きました。心元無き御家の有様」「おお、優しくも申されし。我そのもとの忠心を見込み、頼み置く一大事、伯父御天膳殿をはじめ、方人(かたうど)の仁木なんど、花の方御親子(ごしんし)を失わんと様々の奸計。何卒貴殿の働きにて、御身の上の安全、お家の長久頼み申す」と涙にくれて頼みける。共に尾上も涙にくれ、暫し黙して居たりしが、「心得ました紙崎様。最前岩藤が落せし密書、後日の手懸り詮議の為。」「ほお、なるほど成程、心ならざるてんぜん(大膳?)岩藤、某に成り替わり、随分忠勤頼み入る」と忠臣義女の魂を明かし誓いて別れけり。


○源蔵は道芝を引捕え、早々邸を立ち退けと追い遣る所へ縫之助は、道芝は往なさぬと障(ささ)ゆる折から、当番の侍慌ただしく駆け来たたり。「何者宝蔵を切り破り、継ぎ目の綸旨を奪い取り、立ち退きのすぐさま御注進」と言い捨てて引き返す。はっと仰天縫之助!「次へ」

 

 (右ページの上)

畑「やい源蔵、うぬが舌故、兄小膳は君の勘当、汝が首を兄への手土産、我勘当の侘びの種立つる時節だ観念ひろげ」源「やれ早まるな畑助殿、そこもとが兄を追い失い、主人を毒殺せんとしたるは仁木正げん、謀計顕れ相模川へ落ち行きしぞ。あとぼっかけて(追いかけて)兄への孝を立てられよ」「すりや皆仁木が工みなるか、おお合点だ!」