中の町へ桜を植る事 咄の絵有多

 

読んだ本 http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1242667

 

f:id:tiiibikuro:20170519214441j:plain

19
中の町へ桜を植る事
花をうへる
事は寛保
元酉の年
思い付て植
はじめたりむ
かし紀文といふ
人のつれに
かなを見事
にかく人のあり
しにはいかいし
其角ととも
に後朝の時
にいたりちや屋
のていしゆ何
ぞかいて給はれ
とてすゞり
ばこを出し
ければ 紀文はめんどうに
おもひ此所小便無用と
てもかいてつかはすへしと
いいければさつそく

 

花を植える事は寛保元酉の年、思い付いて植え始めたり。昔、紀文という人の連れに
仮名を見事に書く人のありしに、俳諧師其角と共に後朝の時に至り、茶屋の亭主、何ぞ
書いて給われとて、硯箱を取り出しければ、紀文は面倒に思い「この所に小便無用」と
でも書いて遣わすべしと言いければ、早速

 

 

f:id:tiiibikuro:20170519214453j:plain

はかみをいだし
かなにて此所小べん
むやうとかきける
そばへ其角ふでを
そへで花の山と
かきけるとぞ
まことに名人の
なす所しぜんと
一句となれり
此所小便無用
花の山
今十ミ(?)町
何がしの
一ぢくと
なり たり

 

端紙を出し、仮名にて「この所に小便無用」
と書きけるとぞ。誠に名人の為す所、自然と一句となれり。
「この所小便無用花の山」今??町・何某の一軸となりたり。

 

 

f:id:tiiibikuro:20170531004216j:plain