百人一首之内 崇徳院

 

歌川国芳

f:id:tiiibikuro:20160704221649j:plain

 

 

f:id:tiiibikuro:20160704221807j:plain

 

百人一首之内 崇徳院

瀬をはやミ岩にせかるるたき川の
われてもすえに あはんとそおもふ

詞花集恋の部に入る こゝろハ瀬のはやき川の水の
岩にせゝかれて左右へわかれても 末にハまたあふ
ものなれどつらき人にわかれてハ後にあひがたき
習ひなるをわりなくても末に逢んと思うハはかなき
事ぞとうち嘆きたるハ実に意味ふかき御哥なり

 

瀬をはやみ 岩にせかるる滝川の
割れても末に 逢わんとぞ思う

詞花集-恋の部に入る。心は、瀬の速き川の水の岩にせせかれて左右に分かれても、末には又逢うものなれど、辛き人(薄情な人)に別れては、後に逢い難き習いなるを、わりなく(道理に合わない)ても末に逢わんと思うは儚き事ぞと、うち嘆きたるは、実に意味深き御歌なり。