読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百人一首の内 大納言経信

f:id:tiiibikuro:20170302000541j:plain

 百人一首之内 大納言経信

夕されば門田のいなばおとづれて
あしのまろやに秋風ぞふく

金葉集秋の部に入る この詞書は師賢朝臣
梅津の山里に人々まかりて田家の秋風といふことを
よめるにとあり 夕さればは夕暮のさまなり芦のまるや
とは芦にて造れる家にてその内田の稲葉へ秋風のそよぐ
風情ものかなしくえもいはれぬ趣きを述たるなり

 

f:id:tiiibikuro:20170302000605j:plain
六条に住ける頃
九月の月の夜に
きぬたの音聞え
ければ
から衣打こえ
きけば 月きよみ
まだ寝ぬ人を
空にしる哉
と詠じける
をりから
鬼神詩を
吟ずるの

 

 

百人一首の内 大納言経信

夕されば門田のいなばにおとづれて
あしのまろやに秋風ぞふく

金葉集秋の部に入る この詞書は師賢朝臣(もろかたあそん)の
梅津の山里に人々まかりて、田家の秋風ということを
読めるにとあり 「夕されば」は夕暮の様なり。
「芦のまろや」とは芦にて造れる家にて、その内田の稲葉へ
秋風のそよぐ風情、もの悲しく、えも言われぬ趣きを述べたるなり。


六条に住みける頃
九月(ながつき)の月の夜に
きぬた(砧)の音聞えければ
唐衣打つ声聞けば
「月きよみ まだ寝ぬ人を 空にしる哉」
と詠じける折から鬼神、詩を吟ずるの図。

 

 

f:id:tiiibikuro:20170228183623j:plain