仮想空間

趣味の変体仮名

曽我物語 第8冊(巻第五前半)

読んだ本 https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/11892765?tocOpened=1

 

 

3

曽我物語巻第八 目録

 あさまの御かりの事

 五郎と源太とけんくはの事

 わざよりさつしやうの事

 みはらのゝみかりの事

 なすのゝみかりの事

 あさづまのかりくらの事

 たいしゃくとあしゆらの戦(たゝかひ)の事

 みうらの与一をたのみし事

 五郎女になさけかけし事

 

 

4

 さうふきよゆうが事

 

曽我物語巻第八

  あさまのみかりの事

けいべん がま くちて ほたる むなしく さり かん

こ kじょけふかして 鳥おどろかぬ みよ しづ

かなるによりて よりともは ちうやの ゆう

らんに 月日のゆくを わすれさせ給ひけり

或時 梶原をめして さしたる事もなきに

くに/\゛ さぶらひをめすに をよばず きん国(ごく)

の かた/\ありあはんに したがひて ようい

あるべし しなの ゝくに あさまの を からせてみん

 

 

5

と おほくだされけり かげ時 うけたまはつて

此よしを あひふれけり めん/\の したく

ぶん/\の大事とぞ みえし そがの五郎

きゝて あにゝ申けるは しなのゝあさま を

からせるべきにて きんごく さふらひに

ふれられ候 あはれ御とも申て びんぎを う

かゞひ さふらはゞや かやうのところこそ よき

ひまもありぬべく候へ おぼしめしたち候へ と

申ければ いかゞせん しなのまで御とも つかま

つり候はゞ われらが中に むま の 四五ひきも

ありてこそ 思ひたゝめといふ かやうにおぼし

めし候はゞ 此事いちごのあひだ かなふべからず

おそれ入て候へども あしき御心え と ぞんじ候

君につかへ 御をんを かうふり いみじき身にても

候はゞ むま おも ひかせ のりがへをも ぐして び

びしく候べし かやうの事思ひたつ身は

はぢをも思ふべからず えいぐは は みやうもん 世

にありての事にて候 たゞ みのかさ らうれう

もつもの四五人めしぐし すがたをかへて わら

ぐつ しばり はきて ゆみやは こと/\くし 太刀(たち)斗(ばかり)

 

 

6

にて ざうにん に まじはり やど/\にて びんぎ

を うかゞぶには しくべからず そがには みうら ほう

でう にて いつものごとく あそぶらん と おぼし

めし候ひなん と申ければ しかるべし とて いで

にけり 其日ばかりは むま にぞ のつたりける

まことに おもひ入たる すがた あはれにぞ み

えし かまくらどのは むさしの国せきだの

しゆく に つかせ給ふ りよしゆくの ならひ

ぬす人に むま とらるゝな あやしきもの あ

らば かた/\とがむべし など ようじん きびし

 

かりければ すんの まも ひまも なかりけり 兄(きやう)

弟(だい)の人々は 夜もすがら まどろむほどの まくら

にも うち いねずして こゝや かしこに はい

くはひ して あかしけるこそ むざんなれ あけゝ

れば いるま の くめ にて おひとりがりぞ あ

りける 此ひと/\゛せこのものどもに うちま

じはり かりづえ ふりたてゝ こゝろもおこら

ぬ とり を たて おちばに めをば かけずして

もしも たづぬる人もや と おかの とを見 に

たちまじはり こゝやかしこに ねらへども かた

 

 

7

きは むま にて はせめぐり かれらは うちだち

なるに そのうへ ゆみやも もたざれば むなしく

よそめ ばかりにて 其日も くれはてにけり

いるまがは の しゆくに その夜は つかせ給ふ くに

/\゛の人々まいりて つぢ/\を かため きびし

かりければ この人々は よまはりの ものに うち

まぎれ 御ようじん候へ たこくより たうぞく

あまた こして候なり しゆく/\゛の ばんの

ひと/\゛うちとけ給ふべからず と 太刀引そ

ばめ やかた/\を いひめぐる 見しりたる

 

人なければ あはれ よきぞと うちうなづき す

けるねが やかたへぞ しのび入 ふうんの きは

め にや おりふし につたの三郎 きやくじんに

て わかたう あまた たちへだて むま 見て に

は に たちたりしが かさのうち あやしゝと

見いれ たちのけば又 びんぎ あしくして こ

れは御ぜんへ まいり候さつしきなり かへりて

まいらん といふ さまにて あしばやにこそ 出にけれ

はたけ山のしげたゞ 御ぜんより かへられけるに

ゆきあふたり あふまじと思ひ たいまつの かげ

 

 

6

へぞ しのびける ざつしき ともし火を ふり

たてゝ なにものぞ と とがめけり しげたゞ

きゝて とがめず とものものぞ と の給へば もの

をもいはで すぎにけり すがたばかりに

て みしり給ひつると

          後には おもひし  られ  けり

 

 

9

しげたゞ此人/\の やかたへ せうぞくあり 御爰と

ざしども あはれにおぼえ候 わざと くはしくは

申さず候 うしろだてには なり申べし 御よう

いこそ候らめ とて らうぶつ すこし をくられ

けり 此人々は返事いひがたくして たゞか

しこまりそんし候と ばかり いひて 返しけ

り かくるゝとはすれども しかるべき人は しり

けり よろづ よそのめを しのぶ事なれば 其

夜も むなしくあけにけり つぎの日は おほ

くら こだまのしゅく/\にて びんぎを

 

うかゞひけれども 番の人々ようじんきびし

くしければ 其日も うたで くれにけり 其夜

は かうづけの国まついだのしゆく に つき給ふ

その夜 それにて ねらやども 山な さとみの人

/\とのいに参り ようじん ひまなくて うつ

べきやうは なかりえkり あkyれば しなの と

かうづけ との さかひなる うすいのみなみの

さかのした に つき給ふ 其夜も りやうごく

の 御けにん あつまりて つぢ/\を かため しら

ざるものを とがむれば よりて うつべきやうも

 

 

10

なし つぎの日は うすいがたうげ に うちあがりて

やたてのみやうじん に うはやを まいらせ みかり

はじめ わたらせ給ひけり あさくら山に かげ

ふかく つゆ ふきむすぶ 風の をと まつばかり

とや たはふらん 又 たちのこる うすぐもの みね

より はるゝ あさぼらけ 木ずえ まばらの とをざ

と じゃ をのゝさとにや つゞくらん 所/\の

たかくらの したにこえある たまの水 いはま

/\に つたひきて せこごえ かりづえ をと し

げく おりから心すごくぞ からせ給ひける のもり

 

も おどろくばかりなり さるほどに はれたる空

にはかに かきくもり なるかみ おびたゝしく

して あめ かきくれて ふりければ かまぐら

どのを 始めとして みな/\ とゞこほり けうを

うしなひ 花やかなりし すがたども おもひ

のほかに ひきかへて ちぐさの みの すげの

をがさ かはりはてたる むらさめに たもとは

しぼれ すそはぬれ 上げ ともに つゆけき

いろ ぶけう と いふも あまりあり 其日は うす

い に かへり給ひて りよしゆくの ようじん

 

 

11

あるべしとて くに/\゛の さふらひ まいりあつ

まり つぢ/\をぞ  かためける

 

  五郎と源太と喧嘩の事

さるほどに 曽我の人々は ざうにん にや まぎるゝ

と ふるき みのに あみがさ ふかく ひつこうで

太刀わきはさみ とをるところに おりふし

げんださへもんかげすえ みうらのやかたより

かへりけるに 十もんじに ゆきあひぬ 此人々

は げんだ と見なし かさをふかく かたぶけ

 

ましりにかけてぞ とをりける げんだ こまを

ひかへつゝ これなるものども あやしさよ とゞま

れとぞ とがめける 十郎たちかへり かさの下

より わだどのゝ ざつしきなり と いふ それは

はなにとて しのぶぞや 名をばなにといふ

ぞ とうげんじ と申ものなり わだ殿御し

よへ まいられ候ひつる ひまをはかり 御や

かたのしだいを けんぶつ仕り候 よしもり

かえられ時になり候あひだ いそぎかへり候

といふところに かぢはらが ざつしき すゝみ

 

 

12

出 とうぜんじは それがし 見しりて候 これは あ

らぬものにて候と いひければ さればこそ あ

やしかりつるに まづ うちとゞめよ とて ひし

めきけり 五郎 こらへぬ おのこ にて たちを取

なをし あらこと/\し ざう人に めは かくまじ

げんだ が こまの むかふずね なぎおとさん

に よも こらへし おちん ところを さしころし

はらきるまで と つぶやきて あにを ゝし

のけゝりけり 十郎しばしと とゞむるとき

おりふし よしもりは 御ぜんよりかへり給ひしが

 

ぜんだ が こえの たかければ なに事にや と

て たちよりけり これは わざどのゝ御うちの

ものと いふこえ 十郎すけなり と きゝなし

よくみれば あん にも たがはず 身を やつし 思

ひ入たる 心ざし みるになみだぞ こぼれける

あの くはじや わらは よしもりが うちのものに

て候 きくはいなり まかりしされ と いかけけ

れば この人々 しにたきところにて あらざれ

ば かたはらこそ しのばれけれ げんだ は 其

 

 

13

のち こま うちよせ 大かたに しきだい して た

がひに やかたへ かへりけり さても ぜんだ が いき

ほいは いかに五郎きゝて なに おにかみ なり

とも かれが くびは あやうくこそ おぼえし

が と いふ 十郎きゝて 身に思ひだに なくば

いふに をよばず 心のものに かゝりては いかで

か さやうの事あるべき げんだ うたん事 い

と やすし われらが いのちも いきがたし さては

かぢはらを うたんとて 心をつくしけるが

けふこうは 心え給いて 身を たばひ 命

 

を まつたく して

         心をかけ給ふべし

             返/\と いひながら

          夜のふくるまで ぞ  いたり ける

 

 

14

  わらよりのざつしやうの事

かくて きやうだいの人々は かりや の しゆく に

ありければ やはん ばかりに数十人がこえして

まさしく この ほとり なりつるぞ こなたに めぐ

れ かしこを たづねよ こえなだかくせう とて も

のゝぐ の をと しきりなり 五郎きゝて ひる

の かぢはら が いこんにて いたづらなるものども うつ

手に おこせり と おぼえたり 十郎きゝて し

づまり候へ そこつ の さた あるべからず うち

の ていも 見ぐるし まづ ともし火を けせ と

 

 

15

けさせ いまや/\と まちかけたり 五郎は たち

おつとつて すぐに やかたを出んとす 十郎

袖をひかへて いづまり給へ ひるこそ あ

らめ よるなれば 一はう うちやぶして しの

ばん事 いと やすし たとひ なん十人きたる

と云とも まづ一ばんを きりふせよ 二ば

んにつゞきて よもいらじ まして三ばん

しらむべし たとひ のりこえ きり入とも すそ

を なぎて なぎふせよ かまへて 御ぶん

はなるゝな へだてられては かなふまじ いそ

 

ぎて そとへは いづべからず すきまを まほり

て もろともに いてゝ のがれば のがるべし もし

又 のがれがたくは さしちがへは しぬるとも

ざうひやうの て にばし かゝるなれ と いひつゝ わ

きに たちよりて いまや いるか と まちかけ

たり きたるものども おもはずに しづまりか

へりて をともせず ふしぎなりとて きく所

に ひそかに かどを たゝきけり 人をいだし

て たそ と とふ わだどのよりの御つかひなり

ひるの けんくは あやうくこそみえしが 御心

 

 

16

ざしをみるに 思はず そでをこそ しぼり候ひ

つれ わざと こなたへとは 申さず候 御よう

いこそとは ぞんずれども くにより もたせ候

とて たる二つ三つ らうまい そへて と いふ

こえをきけば よしもりの らうどうに し

どろのげん七が こえと聞(きゝ) いそぎ十郎たち

出て 返事にも をよばず かしこまり入候 ま

かりかへり候はゞ まいり申べし とて 返し

せり さて さけども とりちらし つれたるもの共

にも のませ よも あけがたに成ぬれば さ

 

う人に まじはらんとて みのかさ わらぐつ しばり

はき 夜とゝも いでし心ざし くさのかげ な

る ちゝ しやうりやう も あはれとや おもひ

給ふらん 心がけこそ

           やさしけれ

 

 

17

  みはらのゝみかりの事

その日は おなじくにの みはらの を からせらる

べきにてぞ ありし をの/\花を おりいで

立けるも ことはりなり 日本国に なをしら

るゝほどの さふらひ まいり つどひければ て

んかに おいての はれ なにかは これに まさる

べき すでに きみ御いでありければ 御と

ものひと/\゛は 申にをよばず けんぶつの

きせん の 山も ゆるぐばかりなり 梶原源太 む

ま かけまはし たれも をろか は あるまじけれども

 

 

18

けづの みかり に 御ぜんにおひて かうみやう

の人々は くはんじやう あるべし ちうせつを は

げませ との 御ぢやう とて はせめくる てい

びゞしさ あたりを はらひてぞ みえし きん

ねん からざる の なりければ かせぎかずを つく

す らうにやく いえを わすれて われも/\

と きみの御ぜんざんに まいる その日の

むまのこく に 又 そらに にわかに くもり かみ

なり なつて あめ やう/\こぼれ かさを う

るほす 大しやうどの かげすえ を めして

 

きのふ あさまの あめは さて をきぬ 又 みはら

の あめこそ むねんなれば うた一しゆ と

おほせkづあされければ いけたまはつて と

りあへず

  きのふこそ あさまは ふらめ けふは又

   みはらしたまへ ゆふだちの かみ

と申ければ かまくらどの ぎよかんのあまりに

うすいのふもと 五百よぢやう ところをぞ た

まはりける なる神も このうたにや めで 

たりけん すなはち あめ はれ 風 やみければ

 

 

19

いよ/\ げんだ が めんぼく これに しかしとぞ

人々申あはれけり 君も まことに御心よ

げに わたらせたまひければ 御まへ しこうの

さふらひども 御まなじりに かゝらんと おも

はぬものは なかりけり されども そがきやうだい

の人々は きみの御まへをも しらず やかんに

心をも入れず その人ばかりをぞ たづねける さ

う人にまじはり むまにも のらざれば 一日に

一ど よそながら みる日もあり たゞむなしく

のみぞ 日を をくりける さても みかりの人々は

 

日のくるゝをも 時のうつるをも しらずして かり

けるに きつね なきて きたを さして とび

さりけり 人々これをとゞめんとて やはづ を と

つて おつかけたり きみ御らんせられ かれら

を けしかへて 秋ののきつね とこそ いへ

なつのゝに きつね なくこと ふしぎなり

たれか候 うた よみ候へ と おほせ下されけれ

ば すけつね うけたまはつて まことに げんだ

が歌には なるかみ も めでゝ あめ はれ候ひ

ぬ これにも うた あらば くるしかるまじ たれ/\

 

 

20

も と申されければ だいみやう せうみやう わ

れも/\と あんじ えいじてみん と すれども

よむ人なかりけり こゝに むさしのくにの

ぢう人 あいきやうの三郎 いだけだかになり

うかべるいろ みえければ げんださえもん いかさ

ま あいきやうが つかまつりぬと 見えて候 は

や/\と申ければ やがて

  よるならば こう/\とこそ なくべきに

   あさまに はしる ひる きつねかな

と申ければ 君聞しめされて しんべうに申

 

たり まことに きつねに おほせて きつけう 

あるべからずとて かうづけのくに まついだ に

て 三百ぢやうをぞ 給りける さて とくさが

はら より ふせや に いたるまで しづかに かり

くらし給ひ まことに きこゆる めいしよ なり

げにや ところの なにしをふ とくさがはらの ゆふ

月は あらしや みがきいだすらん ふせやに

ちかき のきの山 ありとは見えてみえざる

は もし又くもや かゝるらん そら vすみわたる

おりからや くるゝ も おしくぞ おぼしめし

 

 

21

しける そも/\なつの ゝに きつねのなきた

る ためしにて むかしを思うに さいこ ちう

じやうなりひら すがたよからん女をもと

めんと思ひしに ふしみの さんざう より

みやこへ ゆきけるが こはた山の ほとりに

て よし ある をんな に ゆきあひぬ とかく いひ

よりて かたらひ ぐして いにゝけり かくて

しばし ひごろ へて うちうせぬ いかなる事

にかと したへども かなはずして おもひの

あまりに かの をんなの つねに すみける

 

ところを 見ければ

  出ていなば こゝろ かろし と いひやせん

   身のありさまを ひとの しらねば

と よみをきて いきけり いかなる事やらんと

思ひて すぎゆきけるほどに ある ゆふぐれ

に ふるざれいろ きたる をんな一人 きたりて ふ

みを まへに をきぬ とりてみれば ありし をんな

の文なり

  いまはとて わすれやすらん 玉かづら

   おもかげにのみ いとゞ 見えつゝ

 

 

22

  おもふ かひなき 世なりけり とし月を

   あだに ちぎりて われや すまいし

かやうに かきて やりけるが なを あやしくて つ

かひの かへるに つきて みづから ゆきてみれば をん

なの きたりつる ふるざれいろ しだいに うすく

なりて こはた山のおくに入ぬ いよ/\あやし

くて つゞきてわけ入 みれば ふるき はかの

中に つかの ありけるに おひたる きつね あ

つまりいたるが この ふみの かへり事を みて

なきいたり やゝありて 人かげの しければ おほ

 

かりつる きつねども すなはち をんなに なりに

けり つか と みえるつる ところは いみじき いえに

なり うちより わかき をんな いでゝ これへ と い

ひけり ふしぎにおもひながら入ぬ をんあ出

あひ さま/\゛に もてなし こよひは これに と

いへば とゞまりぬ をんなの ふるまひ あり

さま 露ほども むかしにたがはず 夜あけぬれ

ば をんな われも ふるさとに かへりなん と いふ

こきやうとは いづくぞ と とへば わかのうら より

玉つしまのみやうじん の 御つかひなり 御有

 

 

23

さま しらんとて きたれり いまより後も しの

びて来るべし とて かきけすやうに うせに

けり おとこ かへるさに よめり

  別れをば たれか あはれと いはざらん

   かみも みやいは おもひしれかし

そのゝちも とをりけれども 人にはしられざり と

なん いせ物語の ひじ を いふなるをや

 

 

24

  なすのゝみかりの事

さて きみ うつのみや の や三郎 を めして しなのゝ

みかり とはいへども しもつけの なすの に まさる

かりくら は なし ついでに かのゝを からせて御

らんぜんと おほせられければ ともつな うけ

たまはつて 御まうけのために いとま申て う

つのみや へぞかへりける えぼし子 の ごんの

かみ が もとを こしらへて きみw 入たてまつる

いたばな の しゆく より うつのみやへ いらせ お

jはします かの なすの ひろければ ふせい

 

にては かなふべからずとて めん/\人まいらせよ

ふれられければ おほせにしたがひて わだ

のさへもん 千人まいらする はたけ山も せん

にん 河ごえ を山 も 千人づゝ たけだ をがさ

はら 五百人 しぶや かすや も五百人 とい おか

ざき も 五百人 まつだ かはむら 三百人 ぶん/\

にしたがひて とう八かこくの さふらひども

おもひ/\に まいらせければ すでに す

まん人に をよびけり なすのひろし とモスせ

ども いづくに ところありとは見えざりけり そがの

 

 

25

ひと/\゛は せこのものどもに かきまぎれ 人め が

くれに まはりけり されども よそめ しげみの

くさのはら わきて しらるゝ ゆふかぜの たれとも

さだかに わきまへず あをたけ おろしの かり

ば にて さえもんのぜうすけつねは 二ひき

つれたる じりに めをかけて くだりさまに お

とせしを 一め みたりしばかりにて 其日も むな

しく くれにけり むねんといふも あまり  あり

 

 

26

  あさづまのかりくらの事

御れうは あをたけ おろしの やかたに入給ひぬ

かう たけ 夜しづかにして 人しづまりけれ

ども 御しゆえん ありけるに ともつな 御きし

よくに まいらんとて とり/\の きよく ども申 御

つれ/\゛なぐさめたてまつりけり きみ御さかづ

きを ひかへさせ給ひけるとき しか の ね かすか

に きこゆるは いづくぞと 御たづねありければ

いたはな の ほとり と申 きみ きこしめし いにし

への人も しかのね ちかき 秋の山ごえ とこそ よ

 

みしに なつのゝに しかのなくころ ふしぎなれ

と おほせくだされければ ともつな かしこまつ

て申けれは さる事の候 むかし ほうじやう と いひし

人 だんごのくにゝ くだりたまふ かの くにゝ あさづ

ま とて 日本一のかりくら あり 其山のしかは

ゆふべよりも 夜に入ば 山には すまで なぎ

さに くだりて かずをつくして ならびふす そ

のひまに 山へ せこ を 入て よるの中に ひき

まはし うみには ふねをうかべ あかつきに をよ

びて ひろき はまに おひいだし おもひ

 

 

27

おもひに いとる うみに入をば ろかい にて

うちとらんとす ほうじやう是をきゝ あさ

づまに ぢんをとり いて を 三百人そへ せこ

を山に入 あくるを おそしと まちけるところ

に 夜はんばかりに をよび しかのこえ きこえ

けり おりふし いづみしきぶ を めしぐし

たりければ しかのねをきゝて

  ことはりや いかゞか しかの なかざらん

   こよひばかりの いのちとおもへば

と よみたりければ ほうじやう うたの こと

 

はり に めで その日の かりを とゞめ給ふ 心

なきしかの思ひを あはれみて だうしんを お

こし給ふ 三百人の らうどうまで だう

しん おこし候となり これにも なを あきたら

ずして しかのために 六万もんの そとば を

かき くやう し 六万人の そうを しやうじ

て かの ぼだいを とふらひ給ひけるとかや

それよりして あさづまの かりくらを まつ

だいまで とゞむべし との御はんを申

くだされ もろともに はんぎやう を そへて を

 

 

28

かれければ いまにいたるまで かりばには なら

ず と 申つたへたり されば此のゝしかも あす

のいのちをや かなしみて なき候らんと

申ければ よりとも きこしめし それは平

家の一るいにて かやうの ぜんじ を なしける

にや われ げんじの しやうとうなり いかで

か是を しらざらん とて 其日の みかり を とゞ

め給ふのみならず まつだいまでも 此の

に かりを とゞむべしと ともつな かたへ 御

はんを下されけり 是ひとへに ほうじやう

 

例をひかるゝにこそと かんじ申さぬは なか

りけり これも せつしやうを きんじ給ふ

にや と人々申あはれけり

 

 

29

  たいしゃく と あしゆらわう たゝかひの事

されば 君の御じひのふかきをもつて む

かしをおもふに てんだいのしやくに あしゆ

らわうが いくさに たいしやく まけ給ひ

て しゆみせんを さして にげのぼり給ふ

 この山 けはしとは申せども たいしゃくの けん

ぞく ごうかじや のごとく のぼらんとす こゝに こん

じてう の かいご おほくして このたゝかひ

のために ふみころされぬべし されば われら

がいのちは あしゆらに うばゝるとも いかでか せつ

 

 

30

しやうを おかさんとて たいしゃく しゅみ を出て

てらい山 といふやまに かくり給ふ あしゆら これ

をみて かへつて われを おふぞと心えて わけゝれ

ば そのいくさに たいしゃく かち給ふ これも せつ

しやうを きんじ給ふゆへとかや 此君も しか

のいのちを あはれみ かりくらを とゞめ給ふ いか

でか その とく なかるべきとぞ申ける

 

  みうらの よ一 を たのみし事

あけぬれば 君はかまくらへ入給ふ きやうだい

の人々も なく/\そがにぞかへりける げ

 

にや日本国のめいしゃうぐんの きへんにし

て こゝにしのび かしこにまはり いのちをす

て 身をおしまで かたきをおもふ心のうち

やさしといふも あまりあり むざんなりし

たしなみなり 又かまくら殿 かぢはらを めさ

れて おほせ下されけるは さふらひどもに

いとまとらすべからず かりばおほし といへども

ふじの に まさるところなし ついでに からん

と おほせられければ かげすえ此むねを

ひろうす そがの五郎此事をきゝ あにゝ

 

 

31

申けるは われらがさいごこそ ちかづき候へ

しろしめされ候はずや くに/\゛のさふらひ

ども かへさずして ふじの を御かりあるべきにて

候なり ながらへて おもふもくるし おぼしめし

さだめ候へ といひければ すけなりきゝて う

れしき物かな こんどは ほどちかけれ むま

一ひきづゝだにあらば さしあらはれて御とも

申べし ときむね いふやうは つら/\事を

あんずるに ひまをもとめ びんぎをうかゞへばこ

そ いまゝで ほんいはとげざれ こんどに をひ

ては 一すぢに思ひきり びんぎよくは御まへ

をも おそるべからず 御やかたをも はゞかるべか

らず よるともいはず ひるともきらはず とをく

は いおとし ちかくは くんで せぶをせん 身を

あるものにせばこそ ひまをもうかゞひ と

ころをもきゝはめ もし しそんずるものなら

ば あくりやう しりやう と なりて いのち

をうばふべし なまじいなる いのちいきて

あけくれ思ふも かなし こんど いでなん のち

ニたびかへるべからず おもひきりて候は いかゞ

 

 

32

おぼしめし候 すけなりきゝ しさいにや を

よぶ それがしも かくこそ思ひさだめて候

や とて をの/\いでたちけるそ あはれ

なる すでに かまくらどの御いでまし/\けれ

ば 此人々は みうらのおば の もとへぞ ゆき

にける こゝに みうらの よ一 といふものあり 平

六びやうえが 一ふく の あになり ちゝは いと

うの くどう四郎なり よ一 が はゝは おば

なり いづかたも したしかりければ むつ

びけるも ことはりなり いづかたも したし

 

かりけれはむつびけるもことはりなり 十郎

おとゝに いひけるは かの よ一をたのみて 候ん

さりとも いなとは いはじ 五郎きゝて 小次郎

にも御こり候はで とはいひながら もしやと

おもひければ よ一がもとにゆき このほど

ひさしくたいめんせざるよし いひしかば め

づらしとて さけ とりいだし すゝめけり さ

かづきニ三べん すぎ すぎければ 十郎

ちかういて これへまいる事 べちの しさい

には あらず 大事を申あはせんためなり と

 

 

33

いふ よ一きゝて なに事なるらん たとひ いかな

る大事なりとも うちたのみ おほせられんに

いかでか そむ き たてまつるべき ありのまゝ

に いひければ 十郎こごえになつて

かねても きこしめさるらん われらが身に

おもひありとは みな人しりて候 しかるに

かたきは大ぜいにて候に びんなる わらは

二人して ねらへども かなはず 御ぶん たのま

れ給へ われら三人より あふものならば いか

でか ほんいをとげざるべき おやのかたき

 

を ちかく をきて おもふが せんかたなさに 申

あはせんとて まいりたり たのまれ給へ と い

ひければ よ一 しばらくあんじて この事こそ

ふつと かなふまじけれ 思ひとゞまり給へ たう

せいは むかしにも にず さやうの あくじ する

ものは へんしも たち忍ぶかた なし されば お

やのかたき 子の敵しゆくせのかたきと申

せども うちとる事かたし ましてや いはん 御

ともつかまつりたるものを かりばにても りよ

しゆくにても あやまりては ひとまども お

 

 

34

つべき物か こんどは思ひとゞまりて わたくし あ

りきを ねらひ給へ そのうへ すけつねは 君の

御きりものにて せんぞの いとうを あんどす

るのみならず しやうえんを ちぎやうする事

かずをしらず かあtきありと思ひ ようじん き

びしかるべし なまじいなる事 しいだし めん

/\のみならず はゝや そがの太郎を まどひ

ものに なし給ふな りをまげて おもひとゞ

まり いかにもして御ふしんゆるされたてま

つり ほうこうをいたし せんぞのいとうに あ

 

んどし給へ めん/\のありさまにて たう 御よ に

かたきうちの さた をば とゞまり給へ と 大きに

おどろき申ければ 十郎きゝて いとおしの

人や こゝろみん とて いひつるを まことしがほ

に せいするぞや いまどき われらが身にて

は おもひもよらず むまもたざれば かりば

も みたからず ゆめ/\ひろうあるべからず と

くちをかため 立んとす 五郎はたまらぬ をの

こ にて ことに はじめのことばには にず おもへ

ば おそろしさに じたいし給ふか しきの こと

 

 

35

ば をば きゝ給はずや じや は わだかまれども

しやうげの かたに むき さぎは たいさいの か

たをそむきて すを ひらき つばめは つち

のへ つちのとに すを くひはじめ かれいは

みなとにむかひ かたたがひす しかは き

よく所にむかひて ふし候なる かやうの けだ物

だにも ぶんにしたがふ心は あるぞとよ

おもてばかりは 人に似て 玉しいは ちくしやうに

てあるものかな といひすてゝ

              たちにけり

 

 

36

よ一は 五郎に あつこうせられて いかにもな

るばや と思ひしが われは一人 かれらは二人

なり 其うへ ご任は きこゆる大ちからなり こ

がいな とられて かなふべからず しよせん こ

の事かまくらどのに申あげて かれらを

ほろぼさん事 ちからも いらで とおもひし

づまりぬ さて かれら はるかにゆきつらんと

おもふとき いそぎ むまに くらおかせ うちのり

かりくらへこそ まいりけれ 此事きやうだいは

ゆめにもしらでぞ いたりける こゝに わだの

 

よしもり は かまくらよりかへりけるに 手ごし

河にて ゆきあふたり よ一をみれば かほの

けしき かはり こまの あしなみ はやかりけ

れば よしもり しばらく こまをひかへ いづ

くへぞ といふ よ一 ものをも いはで こまをはや

めけるが やゝあつて かまくらへ と ばかり こたふ

さても かまくらには なに事のおこり みうら

には いかなる大事のいでき候へば それほどに

あはて給ふぞや いづかたの事なりとも よし

もり はなるべからず 御ぶん又かくすべからず

 

 

37

とて 与一がむまの たづなをとり ひまなく と

ひければ 与一申でう べちのしさいには

候はず 曽我のものどもが きたり候ひて お

やのかたき うたんとて よしなをたのみ候あ

ひだ かなふまじきと申て候へば 五郎と申

おこのものが さん/\に あつこうつかまつり候

たうざに いかにもなるべかりしを かれらは

二人 それがしは たゞ一人候ひしあひだ か

なはで かやうのしさい うへゝ申あげて かれら

を うしなはんため かまくらへ いそぎ候 と いひ

 

ければ だ これをきゝ しばらく物をも いはず

やゝあつて やどの 与一どの ゆみやをとるも

もたざるも おとこと くびを きざまるゝ ほ

どのものが いざや しにゝゆかんと うちたの

まんに じたいするほどの やからをば 人とは

いはで いぬ やかん とこそ申せ なかんづく ゆ

みやのほうには いのちは ぢんかい よりも か

ろくして なをば せんきん よりも おもくせ

よ と こそ いふに さふらひの いのちは けふ

あれば あすまでも たのむべきか きくべし

 

 

38

とてこそ かほどの大事をいひけかせつらめ

しかも したしき中ぞかし と あたる だう

りを いひきかせて いわく りやうじやう し

て かなはじ と思はゝのちに じたいするま

てぞ さうなく はなをつき あまつさへ うへゝ

申さんとな それほどの大事 心にかゝるうへ

をんびんのものにて あればこそ たうざも わ

どのが いのちをば たすけをけ うへさまへ申あぐ

るときゝては いま一やりも やらじ いのちおし

くば とゞまり給へ いのちありてこそ 京へも かま

くらへも 申たまはめ よしもりが わかざかり

ならば その ざしきにても うつべきぞ よく/\

申あげて うしなひ給へ 君も一たんは しか

り と おぼしめすとも したしきものゝ事 あ

しざまに申さんを しんべうなりとて た

のもしくは おぼしめさじ 其うへ かれらを

うしなひ給ふとも しんるい おほければ 御

身いかでか あんをん なるべき こうしの こ

とばに ぜん人にまじはれば らんじや

のまとに入がごとし その かほばせ のこり あ

 

 

39

く人に まじはれば はうぎよの いちくらに

入がごとし くさき事 のこれるとみえたり

御身におひては おなじみちをも ゆくべ

からず 心を返して見給ふべし てうをん

に ほこる かたきを めのまへに をきて見る

も めざましくてこそ いひつらめ 此事

ぞせう申て いかほどの くんこうにか あ

づかるべき むさし さがみには 此とのばら

の一もんならぬものや候 かく申よしもり

も むすぼるゝは しり給はずや むかしの

 

御ことだに おもはゞ などや かれらにや 一つ

とふらはさるべき たうだいなればこそ をそれ

をなし かたきをば すぐに をきkたれ かれら

が心のうち をしはかられて あはれなり

とて さうがんに なみだをうかべければ

よしなを つく/\ときゝて あしかりなん

とや おもひけん これも一たんの事にてこそ

候へ 此うへは とかくのしさいに をよばずと

て こまのたづなを引返す そのゝちは

よも山の物語して みうらへ うちつれて か

 

 

40

へりけり 此事 年ごろ かみほとけに申

せし かんおうにや よしもりに たすけられ

ぬ しからずば いかでか此事 のがるべき ふし

ぎなりし ふるまひなり されば にんげん

は たかき くだれるも 五常(じやう)をむねとし

しんめいを もつぱらに うやまふべきものをや

 

  五郎をんなになさけをかけし事

さても此人々は みうらよりか へるさに 大いそ

に うちよりて とら に げんざんといひければ

しかるべく候 此たび いでゝ ながき わかれに

 

てもや候べからん 思ひいだして一へんの ねん

ぶつも はかりがたき事にて候ぞかし ま

ことに思ひきられぬ みちにて候 時むね も

けはひざか の ふもとに しりたるものゝ候 五日 十

日を へて ゆくみちにても候はず このたび い

でなんのちは 又あひみん事も かたし みやう

にち まいりあひ申さん とて うちわかれに

けり 五郎は一夜をあかし あければ かまく

らをいでゝ こしごえ より かたせのし

ゆく へぞ とをりける おりふし かぢはら源太

 

 

41

さへもん 十四五きにて かの しゆくに おりいた

りしが 五郎が とをるをみて 申べき しさ

い候 しばし とゞまり給へとて あしがるを は

しらしむ 五郎かねて きく事あり

ければ さしたる きうじの候 後日(ごにち)に げんざ

んに入べし とて とをりにけり さだめて

五郎は とゞまるらんと かたせが を かけ

わたし むかひの をか に こまうちあげて

みければ はるかに うちのびぬ このもの

は なにと心えて かやうには ふるまふらん

 

とて こまをしづめて うつてゆく ときむね

は むまのいき やすめんと ひらつか の しゆく

に をりいて しばらくありけるところへ かげ

すえ うつてきたり これにひかへたるは そ

がの五郎がのりたる むま ござんめれとて えん

の きはに こまうちよせける けしき いかり

あまりければ のりがへ 五郎これをきゝて あし

かりなん とや 思ひけん いそぎ うちにぞ入に

ける げんだ 此うへは たづぬるに をよばずと

 

 

42

て たづな かひくり とをりけり 五郎ものごし

に きゝ 世に おごり 又 人もなげなる やつか

な はしりいでゝ一たち きり いかにもなら

ばや と思ひけれども この廿よ年 おしか

りつる いのちは かげすえが ためにはあら

ず すけつねにこそ と おもひて とゞまり

けり これや ろんごにいはく 事をとげんに

は いさまずして ばんじをとがめされ と

は いまの五郎か心なるをや みきく ともが

らは 五郎が ふかくなり と いひけれども

 

かたき すけつねを うちてのち ひきす

へられしとき 君の御返事をば申さで

まづ げんだ に むかひ わどのは としごろ

ときむねに いしゅ あり いま ときむねが 身

に思ふ事なし ほんいを とげよ/\ と

いひけれ かげすえ 御ぜんをまかりたち

五郎がありけるほどは まいらざりけり

時むねは わだ はたけ山 左右(さう)にありけ

る そのかたを みやりて えみをふくみける

こそ ことはり すぎてぞ おぼえける これや

 

 

43

せyはくは しも の のちにあらはれ ちうしん

は 世の あやうきに しらるゝとは 今こそ お

もひしられたれ しばらくも なかりける 時

むね ひらつかのしゆく にて さこそ思ひ

つらめ 大事ありて せうじなし 身におもひあ

れば 萬事をすて ひらつかのしゆく ま

で にげたりし くはいけいの はぢを たゞい

ま すゝぐと申あへり おもふ事だに なかり

せば げん太がいのちは あやうかりしとぞ 申

ける そも/\此いしゅを たづぬるに けは

 

はいざか の ふもとに ゆうくん あり ときむね

なさけをかけ あさからずおもひしに

ひくてあまたの事なれば かぢはらが は

まいで して かへりざまに此をんなの もと

に うちよりて 夜とゝもに あそびけり

あかつき かへるとて いかゞしたりけん こし

の かたなを わすれいでけるを をんなの もと

より かたなを つかはしけるとて

  いそぐとて さすが かたなを わするゝは

   おこしものとや 人のみるらん

 

 

44

かげすえ むまにのりながら ゆんでに あぶ

みを いまだ ふみもなをさず 返歌をぞ

しける

  かたみとて をきて こしもの そのまゝに

   かへすのみこそ さすがまりけれ

そのころ げんださえもんは 歌道には てい

か かりう なりともとおもひしなり さても

このうたの おもしろさよ と おもひそめて

かげすえ かよひなれけり よその事わ

ざ など なはふれければ 女ひきこもり 五

 

郎一人にも かざらず しゅつし を とゞめけり

これをば しらで 五郎 かのもとに ゆき たづね

けれども あはざりけり なにゝよりけるや と あや

うく ともの ゆうくんに とひければ かぢはら源

太どのゝ とりて をかれ よの かたへは おもひよ

らず と いひければ 五郎きゝて なが

れをたつる あそびものを たのむべきには

あらねども 世にある身ならば げんだ に

は おもひかへられじ と 身ひとるの やうに

おもひけり ひんは しよだうの さまたげ とは

 

 

45

おもしろかりける ことばかな 人をも世をも

うらむべからずとて このうたを よみ をき

て いでぬ

  あふと みる ゆめぢに とまる やどもがな

   つらき こと葉に またも かへらぬ

と かきて ひきむすびて をきたり

けり 五郎かへりてのち 此女たち出てみ

れば むすびたる ふみ あり とりあげて見

れば 日ごろ なれにし 五郎が しゅせき也

此うたを つく/\゛見て ふみを かほに あて

 

さめ/\となきつゝ とものゆうらくんに これ御

らんぜよや ひと/\ はぢ ともしらで はづかし

や 日本わがてうは みづのおの さとゝして

神明ひかりを やはらげ あまのいはと に と

ぢこもらせ給ひしとき あらおもしろ と

いひそめたまふも 此三十一じの ゆへ ぞ

かし かくあるべしと しりたらば いかで

なさけなう あるべきとぞ

          おもはれ  ける

 

 

46

  さうふ きよゆう が事

さても此ねうばうは 時むねが うたを かな

たこなたに みせ申けるは むかし さる ためし

あり 大国に えいせん といふ かは あり さうふ

といふもの きなる うしをひきて きたる所

に きよゆう といふ けんじん このかはの はた

にて ひだりの みゝを あらひいたり さうふ

これを見て なんぢ なにゝよりて ひだり

のみゝばかりを あらふにや と ゝひければ きよ

ゆう こたへていはく われは此くにの けんじん

 

 

47

と いはれしものなり わがちゝ 九十よ にし

て らうもう きはまりなし われ いまだ よう

せうなり されば じんばい まつりごと み

だりにして ある かひ なき身なれば み

やこを 出ぬ このほど きゝつる事 みな ひ

だりのみゝなれば よごれたるなり それを あ

らふにや と いひけり さうふ きゝて さては

この かは 七日にごるべし けがれたる水 かひ

て えきなし とて うしをひきて かへりしが

又たちかへり さて なんぢは いづくのくにゝ ゆき

 

いかなる けんわう をか たのむべきと ゝふ けん

じん二君につかへず ていぢよ りやうふ

に まみえずとなり されば しゆやう

ざんに入 わらびをおりて すぎけると申

つたへ さふらひけり

      ふたごゝろなき には

            しかじ とぞ