仮想空間

趣味の変体仮名

曽我物語 第17冊(巻第九後半~巻第十前半)

読んだ本 https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/11892774?tocOpened=1

 

 

3

曽我物語巻第十七目録

 十郎がうちじにの事

 五郎めしとらるゝ事

 五郎御前(まへ)へめし出(いだ)され聞めしとはるゝ事

 いぬばうが事

 五郎がきらるゝ事

 

 

4

曽我物語巻第十七

  十郎がうちじにの事

やゝしばらくありて 伊豆の国の住人に新田

の四郎 十郎にうちむかひ いかに曽我の十郎

すけなりか むかひは たそ につたの四郎たゞ

つなよ さては御ぶんとすけなrは たゞし

き しんるいなり そのぎならば たがひに

うしろばし みするな さうにやをよぶ 今宵

いまだ じんじやうなるかたきに あはず いひ

がひなき人の らうだうの手にかゝらんず

 

 

5

らん と 心にかゝりつるに 御へんにあふこそ うれ

しけれ 一家のしるしにおなじくは たゞ

つなが てにかけて 後日に けんしやうに おこ

なはれ給はゞ 御辺(ごへん)のほうこうと思ひ給へと

云て うちあひける 十郎が たちは すこし

寸のみびれば 一の太刀は につたが こひ

ぢにあたり つぎのたちにて こびんを きら

れけり されども たゞつな くつきやうのつは

ものなれば おもてもふらず 大をんじやう

にて のゝしりけるは いづのくにの ちう人に

 

につたの四郎たゞつな しやうねん廿七さい

くにを出しより いのちは君にたてまつり 名

をば後代(こうだい)にとゞめ かばねをば ふじのすそ

のに さらす さりとも うしろは みすまじきお

御ぶんもひくな といふまゝに たがひにしの

ぎをけづりあひ 時をうつしてたゝかひける に

つたの四郎は あらてなり 十郎は よひより

の つかれむしや おほくのかたきにうちあひ

て かひな さがり ちからもよはる たちよりつ

たふ ちの のりに 手のうちしげく まはりけれ

 

 

6

ば たちをひらめてうちければ 十郎がたち

つばものより をれにけり たゞつな かつにのつ

て うつほどに ひだりのひざをきられて

いぬい に なりて こしのかたなをぬき じが

いにをよばんとする所を たゞつな太刀取

なをし みぎのひぢのはづれを さしとをず

たゞつな いまは かうとおもひ やかたをさして

かへりけるを 十郎ふしながら かけたること葉ぞ

むざんなる やどの につた いづくへゆくぞ な

さけなし おなじくは くびをとつて うへ

 

のげんざんに入よ したしきものゝ手にかゝ

らんは ほんいぞかし かへせ やどの たゞつな

と よばゝれて げにもとや思ひけn すなはち

たちかへり ちのあひだきりて をしふせたる

すけなりが さいごのことばぞあはれなる

五郎は いづくにあるぞや すけなりこそ

につたが手にかゝり むなしくなるぞ 時むね

は いまだ手おひたるともきこえず いかにも

して君の御まへにまいり ようせうよりの

事ども一々に申ひらきて しに候へ しでの

 

 

7

山にて まち申べきぞ おつつき給へ 南無阿

弥陀仏 と いひもはてず しやうねん廿二

さいにして けんきう四年五月廿八日の

夜(や)はんばかりに するがの国富士のすそ野

のつゆときえにけり ゆみやとる身のなら

ひ いまにはじめぬ事なれども おやのため

に命をかろくし かばねは ろけいのちまき

に すつれども 名をば けうもんのくも井に

あぐる あはれといふも をろかなり 五郎は

あにがさいごのことばをきゝて しがいなりとも

 

今一め見んとおもひ 又たゞつなを うつべ

きとや思ひけん 太刀ふりまはし大ぜい

の中を きりわけて はしりより あにが

しがいに まろびかゝり うらめしや 時むね

をば たれにあづけをき いつ/\まで いき

よとて すてゝは いづくへおはするぞや な

がらへ はつべき うき身にもあらず つれてましま

せや と うちくどきなみだにむせびてふ

したりけり げにや同じきやうだいとい

ひながら たがひの心ざしふかければ わか

 

 

8

れのなみだ さぞあるらんと をしはかられて あ

はれなり こゝに又 ほりの藤次 となのりて

むしや一人出て 五郎はいづくへゆきたるぞや

あにのうたるゝを見すてゝ おちけるかや みれん

なり とて たづねける 五郎このこと葉をき

きて おきあがり たちとりなをし やどの と

うじどの あにのうたるゝをみすてゝ いづくへ

おつべき すけなりは につたが手にかゝり

ぬ 時むねをば わどのが手にかけて くびを

とれ おしまぬ身ぞ といひければ とうじは

 

五郎が たちかげをみて かいふひてにげにけり

五郎おつかけ をのれはいづくまでにぐる

ぞ とて おつかけゝれば よそへにげては かな

はじ とやおもひけん 御まへさしてにげに

けり 五郎もつゞひて入ければ 近いえ ま

くをつかんでなげあげ 御さぶらひ所へ

はしり入 五郎もまくをなげあげて ちかい

えを つかまん/\と思ひける よそほひは たゞ

てんまのごとく いかづちの おちかゝるとぞ お

ぼえける

 

 

9

  五郎めしとらるゝ事

こゝに五郎丸とて 御れうのめしつかはるゝ わら

は あり もとは京のものなりしが えい山(ざん)に

ぢうして 十六のとし 師しやうのかたき

をうち ざい京 かなはで 東国にくだり 一で

うの次郎たゞより を たのみたりしに たゞ

より御てきとて うたれ給ひて後 此君に

まいりたりしが くつきやうの あらむまのり

の かうのもの 七十五人が ちからをもちけり よ

ひのほどは ようちといへども をもせず御前(まへ)

 

 

10

ちかく しこうせしに 五郎が ちかいえを おふて

入を見て うすぎぬ ひきかづき まくのわ

きに たちけり 五郎は一めみたりけれども

屋かた出しとき 「女ばらに 手ばし かくるな」

と あにがいひしこと葉ありければ たち

のむねにて とをりさまに一太刀あてゝぞ

すぎにける 五郎まると しるならば たゝ一

たちに うしなはれんと あやうくこそ おぼえ

けれ 時むねも ちかいえを 手とりにせんと

おふ所を 五郎まる わがまへを やりづごし つゞ

 

ひて かゝるかひなを くはへてとり 「えたりや あふ」

とて いだきける 五郎は大ちからにいだかれ

ながら 物ともせず こはいかに 女にてはな

かりけり もの/\しや といふまゝに つゝい

てうちへぞ入にける 五郎まる かなはじとや

おもひけん てきをば かうこそいだけ かやう

にこそいだけと かうしやうなりければ かれ

らが はうばい さがみのくにのぜんじ太郎

まる はしりより にがすなとて とりつく そ

のゝち 御むま屋の小平次 を はじめとして 手

 

 

11

がらのものども はしり出て四五人とりつきけれ

ども 五郎は物ともせず二三人をば けたを

し 大庭におどりいでんと心ざしけるが

いたじき こらへずして 五郎はあしをふみお

とし たたん/\とする所に 小平次おきあ

がり さうのあしにとりつきければ そのほか

の人々 あますな もらすなとて かなぐりつく

これや もんぜんのことばに むかではしよいた

れども たはふれず と也 心はたけくおもへ

ども たぜいに かなはずして むなしくか

 

らめとられ けり むざん  

なりし 

 ありさまなり

 

 

12

君も此よし きこしめいて いとげの御はら

まきに 御ぢう代のひげ きりぬきいで

させ給ひける所に さがみの国のぢう人

大どものさこんのしやうげん が ちやくしに

一ぼうしまる とて しやうねん十三に成けう

が 御前さらぬものなるが こざかしく御

れうの御袖をひかへたてまつり 日本国を

だにも 君は いながらしたがへ給ふに これ

はわづかなる事ぞかし いかさまわかき

とのばらの すいきやうか 又は をんなのさかづ

 

 

13

きろんか やどろんか いづれにてか候はんに

御ざながら たづねきこしめされ候へ と とゞ

め申ければ げにもとや おぼしめしけん と

どまり給ひけり さしも出させ給て 五

郎にみえさせ給ふ物ならば あやうく

ぞおぼえける 後には かの一ぼうし いしく

も申たりとて 御をんしやうにぞ あづ

かりける まことにふるきこと葉を みるに

大ざう とうけいに あそばず くんしは ふん

しに かゝはらず といふ事 いまこそおもひ

 

しられたれ 其のち小平次 御前に参り

かしこまりて申あげけるは そがお五郎を

ば からめとりてさふらふ 十郎は うたれて候

と申たりければ しんべうに申たり 五郎

をば なんぢにあづくるぞ と おほせ下され

けり あはれなりし しだいなり

 

 

14

  五郎御前(まへ)へめし出され 聞(きこし)めし とはるゝ事

扨も おほせをうけ給はつて 小平次罷出 御むま

屋のしもべ さうつい国みつ 五郎をあづかり

すでに御馬屋の はしらにしばりつけて

その夜は まほりあかしければ 大将殿より

たづね聞しめさるべき事有 そがの五郎

つれてまいれ との 御つかひありければ 小平次

縄どりにて 参りけるを 母かたの おぢ いづ

のくにのぢう人 小川の三郎すけさだ 申

けるは いかに小平次 さぶらひほどのものに

 

 

15

なは つけずとも ぐしてまいれかし さんぞく

かいぞくの やからにあらざれば にげうすべ

きにもあらず 事により 人にこそよれ むげ

になさけなし と云ければ 五郎きゝて 誰

一言のなさけを のこすものゝなきに 御

ぶんの ほうしのうれしさよ さりながら御

ぶん 時むねに したしき事 みな人しれり

かやうの身になりて しんるい入べからず せん

なき さた して 人にきかれ かたうどしたり

と いはれ給ふな 人のうへを よくいふものは

 

なきぞとよ 時むねは ぬすみ がうどう せざ

れば ちすぢのなはゝつくとも はぢならず

是は ちゝのために よみたてまつりし ほけ

きやうの ひもよ とて 事ともおもはざる き

しよくして 御つぼのうちへぞ ひき入られ

ける そのうへ かたきのために とらはるゝもの

時むね一人にもかぎらず いんだうは かたいに

とらはれ ぶんわくは ゆうりにとらはる 更

に ちしよくにあらず と うちわらひてぞ い

たりける あはれといはぬ ものぞなき 五郎 御

 

 

16

まへにまいりければ 君御らんぜられて 是

が そがの五郎といづものか それがしが事候

よとて たちあがり なはどり ちうにひき

たてかれば けいごのものども らうぜきな

りとて ひきすへたり その時 さがみの国

のぢう人 しんかいのあら四郎さねみつ いづの

国のぢう人 かのゝすけむねもち ざしきをた

つて申あぐべき事あらば いそぎ申候へ と

いふ 時むね きゝて 大のまなこを見出して

かれらを はたと にらみて みぐるしきぞ御前

 

とをくは さもありなん ちかければ ぢきに申

べし さやうなれば とはれ申 はくじやうに

にたり とはるゝによりて申まじき事を申に

あらず めん/\ほねおりに のき候へ とて あざ

わらひてぞ いたりける 君きこしめされ

神妙に申たり をの/\ のき候へ よりとも

ぢきに きくべし と おほせ下されけり

 

 

17

さて五郎いなをり かほふりあげて たから

かに申けるは あにゝて候十郎がさいごに申

をきて候 われらがちゝを すけつねにうたせ

候ひしより このかた 年月ねらひ候ひし心の

うち いかばかりとか おぼしめされ候 それに

つき候ては 一とせ君御しやうらくの時 さ

かはのしゆく より つき奉り すけつねが御

ともして候ひしを とまり/\に はいくはいし

びんぎを うかゞひしかども かなはで 京

にのぼり 四条のまちにて かね よき たちを

 

 

18

かひとり ゆふべの夜はんに 御まへにて ほん

いをとげ候ひぬ 今は何をかおもひのこして

いのちもおしく候べき 御恩には今一時(とき)も

疾(とく)かうべをはねられ候へ とぞ申ける かれは

京へはのぼらざりしかども はこね別当

に けいやくせしゆへ 太刀の出(いで)どころをも

かくし 又別当の罪科もやと思ひて

かやうにぞ申たりける 君きこしめされ

この太刀の出所 かくさんためにこそ申らん

更に べつたうの とがにあらず 先祖重代

 

の太刀 箱根の御山にこめしよし かねて

より つたへきゝ いかにもして とり出さばや

と思ひしを 神物(しんぶつ)になるあひだ ちから をよ

ばざりつるに 只今 よりとも が 手にわたる

事 ひとへに正(しやう)八幡大菩薩の御はからひ

とおぼえたり かやうの事なくては いかに

して ふたゝび ぬしになるべき とて 御ちや

うだい有て にしきのふくろに入 ふかくお

さめ給ふ 御ちようほうの その一なり 代々

つたはりけるとかや やゝありて きみ おほせら

 

 

19

れけるは 此事 そがのちゝはゝに しらせけ

るか 五郎うけ給はつて 日本の大しやうぐん

の おほせともぞんじ候はぬもおかな たう

だいならず いづれの世にか けいしが あく

じ くはだてん とて いとまごひ候はんに

しんびやうなり いそぎ ひがことして われ

まどひものに なせとて よろこぶ ちゝや候べ

き 又はゝのじひは さんやのけだ物 がう河(か)

の うろくづ までも 子を思ふ心ざし深き事

は はゝ すぐれたり とこそ申候へ いはんや にん

 

がいに しやうをうけて はたちあまりの 子ど

もが命 しなんとて はゝにしらせ候んに

いそぎ しにて物おもはせよ と よろこび申

出(いだ)立(たつ)る はゝや 候べき 御けいしやく とぞ

申ける さて したしきものどもには いか

に身ひんにして 世にある人々に かくと

申候はんに たゞ手をさゝげて これをし

ばらせ くびをのべて これをきれ とこそ

申候はんずれ たれかは たのまれ候べき を

ろかなる御ぢやうかな とぞ申ける 君 げに

 

 

20

もとや おぼしけしけん ちゝはゝ しんるいに

いたるまでも しさいなし 又すけつねは いづ

より かまくらへ しげく かよひしに みち

にては ねらはざりつるか さん候 この四五

か年のあひだ あしがら はこねゆもと かう

づ さかは おほいそ こいそ とがみはら もろ

こし さがみ川 ふところ嶋 やつまとがはら

こしごえ いなむら ゆいのはま ふか澤 へん

に はいくはいし のぢ 山ぢ しやく/\゛とまり

/\゛にて ねらひしかども かたきのつるゝ

 

ときは 四五十き つれざるといも 二三十騎

われ/\は つるゝ時は きやうだい二人つ れざる時

は たゞ一人 おもひながらも むなしく いま

まで のび候ひぬ 又すけつねは かたきなれ

ば かぎりあり 何とて よりともが そゞろな

る さふらひどもをば おほくきりけるぞ

それこそ ことはりにて候へ 御しよあ中に ま

いりて かゝるらうぜきを つかまつるほどに

ては 千万ぎにて候とも あまさじと ぞん

ずるところに こざかしく かたきは いづくに

 

 

21

あるぞと たづね候あひだ かうには ちうを

つくし ちうには いのちをすつるならひ しん

べうにぞんじて これにあり と申こえに

をどろきて あしのたてどころもしらず に

げ候ひしあいだ つみつくりとぞんじ

て おふてきりころすに をよばず たゞ ほ

うばかりの そばだち かたのごとく あてた

るまでにて候 おもてきずは よも候はじ

たゞ今めし出して御らん候へ と申け

れば やがて御つかひして きこしめ

 

し出して御らん候へと申ければ やがて御

つかひして きこしめされけるに 申ごとく お

もてきずは なかりけり まんぼくなふぞ

聞えける 又 わうとう内 をば何とてう(ち)

けるぞ をそれ入て候へども 年頃の はう

ばいの うたれ候を みすてゝにぐる ふかく

にや候べき まことに けなげにふるまひ候

つるものをや 人とみて故郷にかへらざるは に

しきをきて よるゆくがごとし といふ ふるき

言葉をや しりたりけん いしょりやう あんど

 

 

22

のしるし ほんごくにくだりしが すけつね

に いとまごい とて みちよりかへりての うち

じに ふびんなり とぞ申ける 此ことばに

より しんべうなり これも よりともが せんど

にたちけるよとて ほんりやう子孫にお

ひて さしなしと かさねて御はんくだ

されけり これも あにの十郎がやかたを出し時

わうとう内が さいし さこそ なげかざらん

むざんなり と いひしことばのすえにぞ申

ける ひとへに ときむねが なさけによつて

 

しよりやうあんどす ありがたしとぞ かん

じける やゝありて よりとも をも かたきと

おもひけるかと 御たづねありければ 五

郎うけ給はつて さん候 身に思ひの候ひ

し時は 木も かやも おそろしく いのち

もおしくぞんじ候ひしが かたきうつての

後は いかなる てんま やくじん なりともと ぞ

んじ候 まして その外は いきたるもの共おも

ひ候はず されば千百人のさぶらひよりも

君一人こそ思ひかけたてまつりしかども 御

 

 

23

くわほう めでたき御事にて わたらせ給へば

御うんに おされて かやうにまかりなりて候 と

申たりければ 君きこしめされて かたき

うつての後 身をかろくおもふは ことはりなり

頼朝をば何とてかたきとおもひけるぞ

自業事得過(じがうじとつくわ)とはぞんじ候へども いとう

入道が むほんにより われらが ほんりやう

ながくたえぬ せんぞのかたきにては わたらせ

給はずや 又は えんまわうの まへにて 日ほん

の たいしゃうぐん かまくらどのを 手にかけた

 

てまつりぬ と申さば 一のさや ゆるさるべき

と ずいぶんうかゞひ申つれども と申 さて五

郎まるには いかにして いだかれけるぞ そ

れは かのわらはを 女とみなし何事か候はんと

ぞんじて ふりよに とっられて候 かやうなる

べし とぞんずる物ならば たゞ一たちの せう

ぶにて候はんずるものをとて こうくはい えき

なし これひとへに しやくうんの つきぬ候ゆへ

なり げにや らまうの とりは たかく とば

ざるを うらみ とんこうの うほは うへを しのばざ

 

 

24

るを なげくとは ようらんのことばなるをや と

いまこそおもひしられたれ 君の御はかせの か

根のほどをも みたてまつり 時むねが くさり太

刀の やいばの程をも ためし候はんものを と言

葉をはなちてぞ申ける 君きこしめされ

舞うしやうゆうしも うんのつきぬるうへは

戸おほせられ ざうがんより御なみだを(な)

ながさせ給ひて これ きゝ候へ ひと/\゛日頃は

おもはぬ事なれども たゞ今より ともに と

はれて たうざの かまへのことば也 かなはぬまで

 

も のがれんとこそ いふべきに 露ほども いのちを

おしまぬものかな 世に有なば思ひとゞまるこ

とも有ぬべし よの侍(さふらひ)千万人よりも かやう

のものをこそ一人なりとも ましつかひたけれ

むざんのものゝ心やな 惜(おし)き ぶしかな とて

御袖を かほに をしあてさせ給ひけれ

ば 御まへ しこうの さふらひども 心あるもな

きも みななみだをながさぬはなかりけり

やゝありて君御なみだをおさへさせたま

ひて さて十郎がふるまひをきこしめすに

 

 

25

いづれを わきて いひがたし まことにうたれた

るやらん と おほせられければ 新田に御た

づね候へ くろざや巻に しやくどうつくりの

たち むらちどりの ひたゝれ ならば まことに

て候 と申 さらばじつけんあるべし とて につ

たの四郎を めされければ 黒ざやまくに しや

くだおうづくりの おれだち むらちどりのひた

たれに くびをつゝみて わらはにもたせ 五郎が

ゆんでのかたを あひちかく くびをみせてぞ

とをりける 五郎は いま迄は思ふ事なく かう

 

げんしてありけるが あにがくびを一めみて

きも たましいを うしなひ なみだにむせぶ有

様は さかりにさける あさがほの 日かげに し

ほるゝごとくにて むざんといふもあまりあり

やゝありて申けるは うらやましくも さきだち

給ふものかな おなじきやうだいと申ながら よ

うせうより おやのかたきに心ざし ふかくし

て 一所にとこそ ちぎりしに いかなれば すけ

なりは ゆふべ やはんにうたれ給ふに 時むね

は心ならず いままで ながらふる事の むね

 

 

26

む さよ たれか此世にながらへはて候べき しでの

山にてまち給へ やがておひつきたてまつ

り 三づの川を 手とてを とりくみて わた

り えんまわうぐう へは もろともに といひもは

てず なみだにむせびけり 袖にてかほをもお

さへたけれども たかて こてに いましめられけ

れば ゆんでへ かたぶき めてへ うつぶき なを

しも こぼるゝなみだをば ひざいn かほを もた

せつゝ たゞさめ/\゛とこそなきいたれ わだ は

たけ山を はじめとして みな袖をぞぬらされ

 

ける かゝるところに十郎が はきし たち 御さふら

ひに とりわたし よきぞ あしきぞ と 申あひけ

り 中にも ゆふべ おつたてられて こしばが

きやぶりて にげたりし しんかいのあら四郎さ

ねみつ すゝみ出て申けるは そがのものどもは か

たきうつて かうみやうは したれども たちこそ

わろき たちを もちたれ これほどの えせた

ちを もちて 君の御まへにて かゝる大ぐんし

ける ふしぎさよ といひければ 時むねきゝて

まなこを み出し あら四郎を はたとにらんで わ

 

 

27とのは いづくをみて それを えせだち とは申ぞ た

だ今御まへにて申て むようの事なれども

おとこの わろき たち もちたるは はぢなるあひだ

申也 それこそ やとのよくきけ 平家に聞えし

中納言の たちに やしまのかつせんに いかゞ

し給ひけん せんちうにとりわすれ給っしを

そがの太郎といつて 九郎はうぐはんへ まいらせし

を よしつね しんべうなり さりながら御ぶん かう

みやうして とりたる たちなり あうしう

まる といふ太刀これなり すけなりが げんぶくせし

 

時 そがどのゝ たびたるぞとよ それにつきては

思ひのまゝに かたきをうち取ぬ きやうだいし

て きりとゞむるもの一二百人こそあるらん こ

れほど こらへたる たちを いかで えせ太刀なる

べき さねみつ なをも とゞまらで すでに た

ち をれぬるうへは といひければ 五郎から/\と

うちわらひ 人のたち わるしといふ人 さだめて

よき太刀は もちいらん たゞし あの えせだちに

おはれて 小柴垣やぶりて にげしは いかに御

かぶんの よきたちも 心よくからず と いひければ

 

 

28

きく人みな あせをながさぬは なかりけり

さねみつ まんじいなる事を いひ出し せき

めんしてぞ たちにける これや さんし

一げん しりょあるべきにや

           とぞ申ける

 

 

29

  いぬばうが事

こゝに すけつねが ちやくし いぬばう とて 九つ

になりける わらは あり 御まへさらぬ きりもの

ぞありける かたはらにて ちゝが事を よく

/\きゝ さめ/\゛となきいたりしが おもひ

やかねけん はしりかゝり 五郎がかほを 二つ三

つ あふぎにてぞ うちたりける 時むね うち

わらひ をのれは すけつねがちやくしの いぬ

ばうな その年の程にて よくこそおもひよ

りたれ うてや/\うつべし/\ いぬばうよ わ

 

れ/\も幼少にして なんぢが親に父をうたせぬ年

ごろの思ひ いかばかりぞや 今更思ひしられたり 誠に ふ

りにし事を思へば うつ杖は いたまずして よはる親

のちからを歎(なげき)し心ざし 五郎が今にしられたり う

たるゝ杖をば いたまずして ぬしが心を思ひやる 五

郎が心ぞ あはれなる 珎(めづら)しからぬ事なれ共 果報

程せうれつある物はなし 我々すけつねを思ひかけ

て 此廿よ年の春秋を送(おくり)しに 汝はいみじき

生れじやうかな 夕(ゆふべ)うちたる親の敵(かたき)を たゞ今心

のまゝに うつ事の うら山しさよ それにつきても

 

 

30

前生(ぜんじやう)の しゅくごうこそ つたなけれ げんざいの くわ

を もつて みらいを しる事なれば 来世又いかな

らん 南無阿弥陀仏とぞ申ける いぬばうは な

をも うたんと よりけるを いかにや のき候へと なはどり

のもの共いひけれども のかざりけり 御れう御覧

ぜられて いぬばう のきさふらへ なを もの とはん と

仰られければ 其時 のきにけり 是や きんてうもゝを

かぞふると いへ共 一くはくに しかず すせい あひつらなる と

いへ共 一月(げつ)に しかず 君の御こと葉一つにて

ぞ のきにける

 

 

31

  五郎がきらるゝ事

扨其後 君おほせられけるは 汝が申所一々

に聞ひらきぬ されば しさいを なだめて めしつ

かふべけれども 傍輩(ほうばい)これを そねみ じごんいご

らうぜき たゆるべからず 其うへ すけつねが しんるい

おほければ その いしゆ のがれがたし しかれば きや

うこうの ために なんぢを ちうすべし うらみを

のこすべからず はゝが事をぞ おもひ置(をく)らん

ふびんにあたるべし 心やすく思ひ候へ とて御

すゞりを めしよせ そがの べつしよ 二百よち

 

やうを かれらきやうだいが ついぜんのために より

とも一期 はゝ一ご と自筆に御はんを くだ

され 五郎にいたゞかせ はゝがかたへぞ をくら

れける げにや心のたけく なさけのふかき

事人にすぐるゝにより かばねの上の御をん あ

りがたしと みな人かんじける これや もんぜんの

言葉に しんの ぶんわうは その あだを した

しみて しよこうを さとり しの くはんこ

うは そのあだを もちひて天下をたゞす とは

今の御世に しられたり 五郎くはしく うけ

 

 

32

たまはつて くびをめされんに おひては のがるゝ

ところなし あいばらくも ながらへ申さん事 ふかき

うれへ と ぞんずべし はゝが事は かたじけな

く仰下され候へども こきやうを出し日より

一すぢにおもひきり候ひぬ 御をんに一時

もとて 首をめされ候へ あにが おそしと まち候

べし いそぎおひつき候はん と すゝみければ

ちからなく 御むまやの小平次に おほせつけ

られ きらるべかりしを いぬばうが おやの

かたきにて候とて ひらに申うけければ わた

 

されにけり くちおしかりし しだいなり うけ

つねが弟に いづの次郎すけかね といふものあり

五郎をうけとりて出にけり 時むね東西を

見わたし それがしが すがたを みん人々は いか

に おこがまし くおもふらん さりながら おやの為

に すつるいのち 天神ぢぎもなし じゆし

たまふべし つけたる なはゝ かう/\のぜん

の つな ぞ をの/\よつて手をかけ けちえ

ん し候へ と申ければ げにも と いはぬ人々ぞな

き そのゝち五郎をば はますかに つれて 松

 

 

33

がたき といふところの いはまに ひきすへ きらんと

す 時むね みかへり申けるは かまへて きり

候へ 人もこそ みなに あしく きり候はゝ あくり

やうとなりて 七代までとるべし といひけ

れば すけかぬ きゝて まことにきりそんじ

なば いかなるあくりやうにもなるべし と思ひ

しより ひざふるひ たちの うちども おぼえざ

りけるところに つくしのながた と申けるは 御

家(け)人そせうの事ありて 左衛門のぜうに つき

けるが そせう かなふべきころ すけつね うた

 

れければ これらがしわざとやおもひけん わざ

と たちにては きらで くつうを させん た

めに にぶき かたなにて かきくび にこそ した

りけれ さしたる しんるい ちいんに あらざるも

のも 別れをおしみ なごりをかなしまずと

いふ事なし しかるに ようしの いたつて たけ

きは てきをやぶり ときをくだき いくさのさ

きを かくる ゆへに 敵の為に とらはるといへども げ

いをかんじ 身をたすけ なさけをかくるは せんぎ

なり つたへ聞 きしんが ぐんしやに のりし

 

 

34

も ぶいをかんじ そわう しやうに なさん と いひ

しかども みづから死をのぞみ はいとう いくさ

をやぶり かた時も いきん事をかなしみて

せんぢやうの いしに なづき を くだきて うせ

にき よつて ゆうし敵の為に いのちをし

ばらくも まつたうせざるは こゝんのれい也

しかれば五郎も 宵にや うせんと思ひしが 夜

あけて しぬる事 やたての すぎの 一二のえ

だの いはれなり